「京大公論」再開の辞

最後の京大公論記事掲載から、およそ4体の折田先生像の降臨を待った。
刊行の辞に記された通り、あれから、特に休止期間は激変の時期であった。
世界に誇るべき研究成果をもたらす一方、学生の質の変化が一方で叫ばれるようになった。
創立以来知の拠点であり続けた京都大学の現状とは?
そして将来の姿は?
その答えへのマイルストーンとして、このたび京大公論を復活させた。我々の故郷、京都大学に携わる人々の生の声、生の姿をみなさんに届けたいと思う。
そして、もう一度京都大学を見つめなおそう。
2008年3月14日 kyoto-u.comスタッフ一同
sponsor

Google
WWW を検索
kyoto-u.com を検索
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

前のページへ  | ページトップへ