京大 -青年の「自立」に最適たる場所―

京都大学法学部四回生 秀村淳一

 今、京大に「自分がこれをやりたいっ!」って思ってる人は、どれくらいいるんだろう?僕の周りには、結構いる。あなたの周りは、どうですか?あなた自身は、どうですか?

 浪人してきた人は、そういう意味で強い。自分がこれをやりたいということをハッキリ持ち、危機意識も高くなければ、受験勉強を乗り切ってこれなかっただろうからだ。しかし、僕自身は、大して深く考える事もなく、安易に大学を決め、疑う事すらしなかった。恥ずかしながら「これがやりたい」ってことは全く持っていなかった。大学に入ってからも、これといって将来目指す夢も人間像もないままであった。そんな折、友人が主催した活動を通して、同じ学生同士での差をまざまざと見せ付けられた。「このままではヤバい!」

 彼らの活動自体に参加する事も考えたが、諸般の事情があって、その活動に協力していた学生団体へと参加する事となった。その団体自体は、友人が主催した活動の少し前に存在を知り、参加した事もあった。活動内容はたしか、WTOのことであり、僕は半分も理解できなかった。しかし、漠然と伝わってくる「面白さ」、そこに集う人間の「熱さ」に魅せられ、僕は飲み会の席で「僕もやります!」と言ってしまったのだった。

 「面白そう!」「やってみたい!」こんな素朴な感情表現は、皆は嫌いかもしれない。客観的にそれをするだけのメリットがあるか、冷静に分析してからでないと、手を出さないようなところがあると思う。ある意味「ノリ」や体育会的な「熱さ」を嫌う人も多いだろう。

 別にそのこと自体を批判するつもりは毛頭ない。ただ、そればっかりで、本当に「楽しい」人生送れてきた?「アホらしいことやってんなぁ」って冷ややかに見てて、面白い?「アホらしいこと」を楽しくできる人はすごく素直な人だと思う。自分がやりたいから、やる。周りが反対しようが、誰かに邪魔されようが、やる。それは、そこに他人の評価軸が入り込んでいないからできることだ。

 「アホらしい」っていうのは、裏返しの感情だと思う。本当は楽しそうなのが羨ましくて、自分もしてみたい。でも、それをすることで恥をかくのは嫌だ、怒られるのは嫌だ、と思ってしまうから、「アホらしいことをしないことが正しい」のだ、と自分を正当化してしまうんじゃないだろうか。それは、他人の評価軸から抜け出せていない、ということだと思う。

 なぜ、他人の評価軸から抜け出す事ができないのか?その軸は、どういう軸で、なぜ、それに縛られる人が多いのか?僕は、その根本は「いい子」という軸にあるように思う。「いい子」は頭の良い子だ。大人が考えている事・子供に求めていることを察知できてしまう。それは、更なる幼少期の環境にまで遡りうる。が、ここでは「いい子」という軸について考えてみたい。

 そもそも「いい子」という概念自体が、他人の評価に拠ってたつものだ。親には子供を「いい子」に育てなければならない、というプレッシャーがかかっている。好き好んでチンピラや不良を育てたい人はあんまりいない。そして、その「いい子」には目立つほどすごいところも、独自性なども求められない。求められるのは、普通よりも少し反応がいいレベルで、全体的にバランスが取れている事だ。

 「いい子」には、ある意味で普通の大人並の道徳観念が成立している。しかし、それは大人になる過程で自発的に蓄積されていった道徳観念ではない。本来ならば、様々な失敗を繰り返した上で、そこから学んで、蓄積していくものだと思う。例えば、自分のわがままを通そうとしたら、皆から嫌われてしまったりする。それでようやく、わがままは通らないんだ、わがままを言わないようにしよう、という気持ちが発生する。それが道徳観念であろう。「いい子」のそれは、そのようなプロセスではない。彼らは親に、あるいは親以外の大人に「~~してはならない」と規定され、それに縛られている。そして、縛られているがゆえに、その道徳基準は変化しない、つまり、成長していかないのだ。そして、「~~してはならない」がゆえに、彼らは自分の気持ちに素直に行動できないようになり、自分の気持ちが分からなくなって行く。それは、まるで自分の中にある「これがしたい」というエネルギーが出てくる箱に一個一個蓋をしていくようなものだ。結果的に、自分が何をしたいのかよく分からない、という人間が生まれてくる事になる。彼らは他人の基準に依存する。そのため、「~~大学を出ればいい人生が送れる」「大手の会社に行けば、一生安泰」という幻想に振り回される事になる。そうやって多くの人が裏切られていった。

 皮肉な事に、彼らの両親は、「良かれ」と思ってそのように自分の息子・娘に接してやっているのだ。しかし、問題は、その際の基準が自分の内側、経験を通して生み出されたものではなく、一般的な評価に依存してしまっている事ではないだろうか?(正確には、まるっきり内側の経験がないわけではない。一般的な基準はある程度妥当性を持つために、それがいいのだという経験をすることもあるであろう。しかし、そうでない場合があるというケースの経験は無視され、そのとおりであるというケースの経験が強化される)

 「いい子」と正反対の軸に位置するのは「悪い子」という存在である。彼らは、何度か自分の意志で行動した時、不幸な事にそれが一般的な基準から見て悪い事だったために、親から、或いは周囲の大人から「悪い子」と規定されてしまったため、「自分が悪い子なのだ、だから俺は悪い事をしても許される」と思ってしまうケースである。彼らは悉く一般的なルールに反抗していく。本当は彼らは自分が悪くないのだ、と主張したい。そして、受け入れられたい。しかし、周囲はもはやレッテルしか見ない。彼らとて、自発的に何かしたいことがあるわけではない。ただ、周りの何もかもが気に入らないだけだ。

 「いい子」と「悪い子」、この中間は何だろう?僕はここで仮に「自由な子」と呼ぶことにする。「自由」とは他人の基準から自由であるということだ。それは自分自身の心の中に、基準を持つということである。それは、自分の人生の責任を引き受けるということだと思う。自分自身に対する厳しさを持つ事であると思う。そういう人は、今どれくらいいるんだろうか?

 皆、「いい子」で育てられすぎてるなぁ、と思う。じゃぁ、どうすればいいのだろう?僕は、陳腐な表現であるけれども、「自立」こそが大事であると思う。では、自立とは何か?それは、先ほども述べた、自分自身の中に、自分自身による価値基準を持つ事だと思う。自分自身でしたいことをし、した結果、まずかったことは、学べばいい。恥をかいてもいいじゃないか。失敗してもいいじゃないか。僕たちは学生なんだから。ちょっとくらい物事を知らなくても、礼儀を知らなくても、おかしなことをしても許される。ただ、それに甘えてはいけないと思う。常に学び、常に自分自身を変革していく、という姿勢を持たねばならないと思う。

 そのために、一番大事なことは、「自分のしたいことをする」ことだろう。もちろん、こんなものは必要ないかもしれない。しかし、将来を展望したときに、果たしてそれでも必要ないと断言できるだろうか?僕にはできない。時代は、資本集約型産業から、知識集約型産業へと移行してきている。それに伴って、企業が求める人材は大きく変わってきた。受験勉強だけしてきた、知識はあるけれどもそれを活かすことのできない人。上司から言われた事はできるけれど、自分自身で何が問題かを発見し、問題解決に向けて行動するという事ができない人。コンピューターの発達によって問題解決型のマニュアル・レイバーとしての人材は不要になりつつある。

 そんな人材は、残念ながら京大でも大勢いるのではないかと思う。もったいないなぁ…と感じている。自分がやりたいことを「やろう!」って仲間を巻き込んで、一緒に物事作って、動かして…。別に、大層なものでなくていい。自分自身がHappyな状態は何なのか、それを追求することが大事なんだと思う。その方が楽しそうじゃないですか。好きでもない事を我慢してやり遂げて…。確かに充実感は感じるかもしれないけれど、余計なエネルギーをいっぱい使ってすごく疲れてしまいそう。あの人はこういうことをした、社会ではこういうことを求められている…そういうことに惑わされてはいけない。自分が何をしたいのか、何をしているときに自分は生き生きとしているのか…それを見つめなおしてみるのが大事なのではないだろうか。

 どうすれば、それができるようになるか?そのことで僕も随分と悩んだ。そして、今も悩みつづけている。しかし、悩んだ結果、一つだけ思ったことがある。「一人で悩んでいても仕方がないぞ。」社会は人と人との繋がりで構成されている。人に対して自分の想いを伝えていく事が、大事なのではないだろうか?自分自身について思うこと、将来的なこと、自分の夢…。最初は口に出すのが恥ずかしい。背筋がぞぞっとする。でも、ある時から自分の思っている事が共感されたり、「それっていいよね」って言われたり…。そのことで、自分自身に対する自信が深まるのではないだろうか?共感されなかったり、けなされたりするかもしれない。でも、それを乗り越える事も、また大事だろうと思う。

 青年の自立というものは、こういうものではないだろうか?それがされないまま社会に出ている人が多いことが、近年の若年離職者層になっているのであり、フリーターの多さに繋がっているのではないかと思う。

 幸いにして、京大には、自分を見つめ直すだけの時間的自由(もし単位が十分ならば、だが…)と、議論ができるハイ・レベルな仲間たちがいる。そして、それが今までにも京大から立派なOBが輩出されてきた大きな要因であると思う。僕らはとても恵まれた環境にいるのだ。

 変わるためのチャンスはいくらでもある。変えたい人は、今すぐ変える事ができるのだ。そして、「自立」を遂げた人たちが京大から多く出て、自分のやりたいことを一生懸命やって欲しい。それがこの閉塞した日本の空気を打破していくのではないだろうか?

sponsor

Google
WWW を検索
kyoto-u.com を検索
2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

前のページへ  | ページトップへ