東洋亭(北山通り)

京都駅地下のポルタにも洋食屋さんの
東洋亭があるんですが・・・(駅真正面から
地下レストラン街に向かうとあります)
15時から17時までアフタヌーンセットで
紅茶とかコーヒーが付くので待ち合わせ
とか便利なんですよね。
で今回は、その本店がある北山店に
行ってきました。
(鞍馬に行ったついでなんですが)
場所的には、府立植物園の向かい側に
東洋亭本店があります。ポルタ店と違って
駐車場があるので車とかバイクを持っている
と利用しやすいです。デザートとか限定メニューが
あったり他店よりメニューも多いようですし。
DSC04594.JPG
5月くらいだとオープンテラスの庭とかにも席があるんですが
夏はさすがに店舗内のみ?
ちなみに
自転車だと出町柳から下鴨神社付近の鴨川
分岐のところで西の鴨川(東側は高野川です)
をそのまま上っていけば府立植物園になるので
そこの北端にきたら右折。府立植物園の向かい側
の北山ストリートにあります。
(バイクだと一方通行とか植物園横の河川敷通れませんが
自転車だと直線で行けます。)
DSC04597.JPG
普通に考えて12時とか19時は混むので
暇な学生的には、15時とかゆっくりしても大丈夫そうな時間帯を
ねらっていくのですが、本店は17時までランチメニュー(セット?)
ありなのでご飯でも大丈夫。書いてませんが
ちなみにパンとご飯はおかわり自由です。
ハンバーグが一応メインらしいですよ。というか
トマトとかポテトが異様においしかったりしますが
ここのトマトサラダは、そのままトマトなのですが
(実はドレッシングと下のソースがポイントなのですが)
赤味がほとんどでトマト独特の青くささがほとんどありません。
冷え冷えなのとドレッシングソースとのマッチングで
本当においしい。
DSC04598.JPGDSC04599.JPG
たぶん最初にここでトマト食べたらトマト嫌いにはならない。
そういう品種とかなんでしょうけど。おすすめですよ。
トマトとじゃがいもだけ産地が分かる素材箱が入り口にあるので
きっとこだわりなのでしょう。今回は北海道のトマト。
今回は煮込みハンバーグ(野菜たっぷり)
注文したんですが、東洋亭ハンバーグ(アルミ包みで
ビーフシチューソース?とハンバーグ)が伝統の
一押しらしいです。ベークドポテトとかがついてるのも
それです。
煮込みハンバーグは、トマトベースのソースに
きのこ、野菜(ポテト含む)、半熟玉子(半熟じゃないのも
オーダー可能)のメニューです。トマトが効いてるなぁ。
DSC04600.JPG
昔懐かしい洋食屋さんメニューですよ。
それっぽい気もします。
余談ですが、ナイフとフォークだけでなくお箸も
標準セットです。お箸でもっOKてとこがいかにも
老舗洋食屋さんっぽい伝統でいい感じです。
ハンバーグなのでもともと食べやすいので。
どちらでも好きな方で。ベークドポテトを
食べるときはナイフ使った方がやりやすいです。
上でも書きましたが
17時までランチメニューでセットでコーヒーまたは紅茶が付いてきます。
紅茶だとポットで二杯分くらい。蒸らしは砂時計で全部落ちる頃だと
言われますが、それだとかなり濃いめ。
DSC04603.JPGDSC04604.JPG
ストレート派は、早めに注いでしまいましょう。
砂ちょっとの時間でも紅茶っぽい感じの色です。
全部砂が落ちると濃いめ・・というか紅茶の色じゃないような。
二杯分くらいなので二杯目は自然と濃くなるわけですが・・・
ミルクティとか砂糖多めになりがち。
レモンティだとまったく問題ないですけどね。
量的に一杯目でストレートティで、二杯目ミルクorレモンと
いうのが定番かな。
というか
デザートとか有名でおいしいので率直に
午後ティとかで行くのが正解かもしれませんが・・・。
一応百年プリンという初代からの製法のプリンが
有名だそうです。ちょっと大きめです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です