京都大学ポータルサイトサイトマップ問い合わせ

談話室

ホーム > 談話室 > 議論 > 浅田彰 第6章

浅田彰 第6章


1. 第X期批評空間・共同討議 2008/02/29(金) 00:06:20
前スレ
浅田彰 第1章
http://kyoto-u.com/lounge/discuss/html/200212/02120026.html  
浅田彰 第2章
http://kyoto-u.com/lounge/discuss/html/200608/06080032.html
浅田彰 第3章
http://kyoto-u.com/lounge/discuss/html/200609/06090004.html
浅田彰 第4章
http://kyoto-u.com/lounge/discuss/html/200609/06090023.html
浅田彰 第5章
http://kyoto-u.com/lounge/discuss/html/200701/07010021.html

☆☆☆ 利根川進教授がノーベル生理学・医学賞を受賞した場合(出典『精神と物質』)。

立花隆:「そもそも、多様性の問題というものがあって、それが研究対象として自分に向いていそうだと考えるようになっのはどうしてなんですか。」
利根川進:「うん、それは一つのきっかけがあってね。あの[スイスのバーゼル免疫学]研究所にチャーリー・スタインバーグという男がいた。これがものすごく頭のいい男でね。ぼくがこれまで出会った人間のうちで一番頭がいい男でね。とにかく何でも知っている。数学がものすごくできて、コンピューターにも明るかった。数学だけじゃなくて、およそ何でも知っている。もともとデルブリュック(=物理学者。分子生物学の創始者の一人。1969年ノーベル生理学・医学賞受賞)の弟子なんだけど、学部学生を7年間もやって、そのころから天下に鬼才として名の知れわたっていたというような人なの。本人も、ガールフレンドのこと以外なら何でもアドバイスしてやれるから何でもきいてくれというくらい幅が広かった。だからもちろん、分子生物学もよく知っていた。あの研究所で彼が唯一分子生物学がわかる人だったもんで、ぼくとすごくいい友達になったんです」
立花:「[その方は研究所では]何をやってたんですか。」
利根川:「結局、[研究所所長のニールス・]ヤーネ(=免疫学者。1984年ノーベル賞受賞。文学から哲学まで語れるヨーロッパ的教養人)も一種のアドバイザーとして彼(=スタインバーグ)を雇ってたんですね。ああいう人が一人いたら便利ですよ。何をきいてもよくわかっていて、実に的確な判断をしてくれるんですから。」


☆☆☆ 利根川進教授がノーベル文学賞を受賞した場合。

立花隆:「そもそも、文学の問題というものがあって、それがテーマとして自分に向いていそうだと考えるようになっのはどうしてなんですか。」
利根川進:「うん、それは一つのきっかけがあってね。あの[京都大学の経済]研究所に浅田彰という男がいた。これがものすごく頭のいい男でね。ぼくがこれまで出会った人間のうちで一番頭がいい男でね。とにかく何でも知っている。文学がものすごくできて、現代思想にも明るかった。文学だけじゃなくて、およそ何でも知っている。政治学・社会学・歴史学・文化人類学・経済学・精神分析・記号論・美学・音楽・絵画・舞踊・オペラ・心理学・建築・現代数学(純粋数学)・理論物理学・コンピューター・医学・薬理学まで知っていた。もともと佐和隆光の弟子なんだけど、特別研究員を7年間もやって、そのころから天下に鬼才として名の知れわたっていたというような人なの。本人も、体育科(運動神経)のこと以外なら何でもアドバイスしてやれるから何でもきいてくれというくらい幅が広かった。だからもちろん、現代文学もよく知っていた。あの[経済]研究所で彼が現代文学がわかる人だったもんで、ぼくとすごくいい友達になったんです」
立花:「[その方は研究所では]何をやってたんですか。」
利根川:「結局、[研究所所長の]佐和教授も一種のアドバイザーとして彼(=浅田彰)を雇ってたんですね。ああいう人が一人いたら便利ですよ。何をきいてもよくわかっていて、実に的確な判断をしてくれるんですから。」

2. 第X期批評空間・共同討議 2008/02/29(金) 00:16:04
☆☆☆ 利根川進教授がノーベル経済学賞を受賞した場合。

立花隆:「そもそも、経済学の問題というものがあって、それがテーマとして自分に向いていそうだと考えるようになっのはどうしてなんですか。」
利根川進:「うん、それは一つのきっかけがあってね。あの[京都大学の経済]研究所に浅田彰という男がいた。これがものすごく頭のいい男でね。ぼくがこれまで出会った人間のうちで一番頭がいい男でね。とにかく何でも知っている。数学がものすごくできて、文学にも明るかった。基礎教養だけじゃなくて、およそ何でも知っている。政治学・社会学・歴史学・文化人類学・金融工学・精神分析・記号論・哲学・美学・音楽・絵画・舞踊・オペラ・心理学・建築・現代数学(純粋数学)・理論物理学・コンピューター・医学・薬理学まで知っていた。もともと佐和隆光の弟子なんだけど、特別研究員を7年間もやって、そのころから天下に鬼才として名の知れわたっていたというような人なの。本人も、体育科(運動神経)のこと以外なら何でもアドバイスしてやれるから何でもきいてくれというくらい幅が広かった。だからもちろん、経済学もよく知っていた。あの[経済]研究所で彼が経済学がわかる人だったもんで、ぼくとすごくいい友達になったんです」
立花:「[その方は研究所では]何をやってたんですか。」
利根川:「結局、[研究所所長の]佐和教授も一種のアドバイザーとして彼(=浅田彰)を雇ってたんですね。ああいう人が一人いたら便利ですよ。何をきいてもよくわかっていて、実に的確な判断をしてくれるんですから。」

3. 第X期批評空間・共同討議 2008/02/29(金) 00:29:00
☆☆☆ 利根川進教授がフィールズ賞を受賞した場合。

立花隆:「そもそも、現代数学の問題というものがあって、それがテーマとして自分に向いていそうだと考えるようになっのはどうしてなんですか。」
利根川進:「うん、それは一つのきっかけがあってね。あの[京都大学の数理解析&経済]研究所に浅田彰という男がいた。これがものすごく頭のいい男でね。ぼくがこれまで出会った人間のうちで一番頭がいい男でね。とにかく何でも知っている。数学がものすごくできて、コンピューターにも明るかった。数学だけじゃなくて、およそ何でも知っている。政治学・社会学・歴史学・文化人類学・経済学・精神分析・記号論・美学・音楽・絵画・舞踊・オペラ・心理学・建築・理論物理学・分子生物学・医学・薬理学まで知っていた。もともと佐和隆光の弟子なんだけど、特別研究員を7年間もやって、そのころから天下に鬼才として名の知れわたっていたというような人なの。本人も、体育科(運動神経)のこと以外なら何でもアドバイスしてやれるから何でもきいてくれというくらい幅が広かった。だからもちろん、数論もよく知っていた。あの研究所で彼が唯一解析数論がわかる人だったもんで、ぼくとすごくいい友達になったんです」
立花:「[その方は研究所では]何をやってたんですか。」
利根川:「結局、研究所所長も一種のアドバイザーとして彼(=浅田彰)を雇ってたんですね。ああいう人が一人いたら便利ですよ。何をきいてもよくわかっていて、実に的確な判断をしてくれるんですから。」

4. やっしー 2008/02/29(金) 21:09:51
ソトコトの3月号。

5. 泡の湯 2008/03/01(土) 15:35:31
浅田て何を言った人なの?

6. ホルトノキ 2008/03/02(日) 17:21:16
浅田次郎って誰?

7. 第X期批評空間@パロアルト 2008/03/11(火) 04:50:40
Beyond the Trinity of Capital, Nation, and State

Kojin Karatani
Lecture 1.1 http://www.youtube.com/watch?v=OqPCs416b7E&feature=related
Lecture 1.2 http://www.youtube.com/watch?v=Ut-KFQAzlAM&feature=related
Lecture 1.3 http://www.youtube.com/watch?v=93NhampFjHY&feature=related
Lecture 1.4 http://www.youtube.com/watch?v=RAjS0M7tKCU&feature=related
Lecture 1.5 http://www.youtube.com/watch?v=_TXOoDExoro
Lecture 1.6 http://www.youtube.com/watch?v=3J8WIIzjQfs
Lecture 1.7 http://www.youtube.com/watch?v=oAfveZODBuI
Lecture 1.8 http://www.youtube.com/watch?v=H3-ngTAjZYk
Lecture 2.1 http://www.youtube.com/watch?v=Rbr174h6uAU
Lecture 2.2 http://www.youtube.com/watch?v=IoMh9wy6tvI
Lecture 2.3 http://www.youtube.com/watch?v=uGnIl964AQs
Lecture 2.4 http://www.youtube.com/watch?v=NHgLfKm7VSU
Lecture 2.5 http://www.youtube.com/watch?v=f6E5RS03CT0
Lecture 2.6 http://www.youtube.com/watch?v=uSuXhzG1--U
Lecture 2.7 http://www.youtube.com/watch?v=0-9T587xBo4
Lecture 2.8 http://www.youtube.com/watch?v=mLEaNyg05gk
Lecture 2.9 http://www.youtube.com/watch?v=rTwz-4umj1Y

Stanford University October 8-11. 2007

8. 柄谷英語を聴いて疲れた 2008/03/11(火) 06:02:06
アメリカ人教授の英語は流暢で聴き取りやすいけど、柄谷氏の英語は下手だから日本語で講義した方がいいな。その方がシャープで切れるし鑑賞するに値する。それに場所はスタンフォード大学だから日本語でも通じるだろうし、通じなくても誰か素晴しい通訳ができるだろ?
あるいは、いっそのこと柄谷氏の著作を読むにとどまるだけでいいんじゃないか?

9. このスレ終了 2008/03/31(月) 23:19:15
浅田さんは造形大に逃走しました。


10. このスレ終了2 2008/04/01(火) 21:58:26
動物園みたいだなwww

京大・浅田彰さん、京都造形芸術大大学院長に就任

 京都造形芸術大(京都市左京区)は1日、准教授にタレント松尾貴史さん(47)、客員教授に俳優イッセー尾形さん(56)とジャーナリスト高野孟さん(64)が就任したと発表した。
 松尾さんは「映画演技」、イッセー尾形さんは「舞台表現技法」、高野さんは「総合演習」の講義を担当する。
 また、1980年代に著書「構造と力」などで「ニュー・アカデミズム」ブームを巻き起こした浅田彰さん(51)が、同日付で同大学の大学院長に就任した。任期は2年間で、「芸術哲学」などの講義も担当する。浅田さんは、3月31日付で京都大経済研究所准教授を退職した。
(2008年4月1日21時44分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080401-OYT1T00640.htm?from=main5

11. 2008/04/04(金) 16:45:39
2年後、また京大に戻ってくるのか?

12. 【神】浅田彰【ゴルゴ】 2008/05/31(土) 03:49:10
浅田彰からのメッセージ
「裏切りと(しての)伝統」


 京都大学の最大のポイントのひとつは、端的にいって、京都にあるということです。日常生活の延長上で日本の古い伝統に気軽に触れられる。これは他所では望むべくもない贅沢な特権と言えるでしょう。
しかしまた、京都は古いものを守る一方で、新しいものをいちはやく取り入れてきた都市でもあります。その姿は、古いものと新しいものが必ずしも相反しないこと、むしろ、本当に古いものは新しいものを受け容れる度量をもち、また新しいものは古いものを活性化しつつ新たな伝統を形成していくのだということを、暗に物語っているかのようです。

 フランス語でいえば、生き生きした伝統(tradition)とは裏切り(trahison)の連続だということになるのかもしれません。そのことは教育の場でもっとも鮮烈にあらわれます。私たちは、学生のみなさんが、私たちの教えるすべてを注意深く吸収していくことを、しかしまた、みなさんが-というよりも、あなたが、私たちをまんまと裏切り、私たちを踏み越えて、私たちには想像もつかなかったような素晴らしい研究や創造を成し遂げることを、願ってやまないのです。

 もしそれが実現できれば、京都大学は、日本の、いや世界の文化・科学を、21世紀の新たな地平へと引っ張ってゆく、知的・創造的尖端としての役割を果たすことができるでしょう。あまりに大げさな夢でしょうか? 私は決してそうは思いません。

13. 2008/05/31(土) 05:50:00
>浅田彰からのメッセージ
ソースは?

14. 浅田彰的逃走論的 2008/11/25(火) 10:15:22
学術的文化的芸術的貴族的科学的論理的合理的理知的論証的思弁的形而上的体系的抽象的客観的本質的普遍的原理的演繹的帰納的形式的実質的系統的結晶構造的網羅的構成要素的理論的実証的分析的散文的定型的方法序説的観念操作的存在証明的予知観察的理路整然頭脳明晰論旨明快超絶技巧的理念的審美的啓示的古蘭經的批判的効果的婉曲的象徴的太陽神的特権的支配的超然的金字塔的羅浮宮優雅華麗絢爛上品社交的美辞麗句制御的調和的教授風言論緻密弁舌流暢卓越的但丁神曲風宮廷作法要領規則平衡感覚重視冷静沈着用意周到自由闊達独創的莫比烏斯帶的克莱因瓶的天才的欧米外資系国際的異国風都会的西欧的北欧的仏蘭西的巴里的英国的倫敦的古代希臘風哲学的神学的探究的数理的囲碁象棋賽局的幾何学的確率統計的微積分的物理学的化学的光学的分子細胞生物学的気象学的建築的彫刻的古典的音楽的舞踊的詩的美的絵画的記号論的精神分析学的文学的社会学的政治学的法律的研究医的金融工学的脱構築的財務主計的外交的最高裁判事的高盛証券投資銀行華爾街的貿易商人的米其林紅色指南的瑪歌酒莊的航空機長風批評空間的通説的芦部憲法的我妻民法的団藤刑法的塩野行政法的新堂民訴法的前田商法的猶太人系畢達哥拉斯的蘇格拉底的柏拉図的亞里乃斯多徳的阿基米徳的西塞羅的基督的李奥納多達文西的哥白尼的格老秀斯的托馬斯霍布斯的維梅爾的斯賓諾莎的路易十四的牛頓的莱布尼茨的孟徳斯鳩的伯努利定律的康徳的吉本的歌徳的莫扎特的高斯的奧古斯特孔徳的約翰斯圖爾特密爾的杜斯妥也夫斯基的黎曼的門捷列夫的洛克菲勒的湯瑪斯愛迪生的西園寺公望的佛洛伊徳的馬克斯韋伯的保羅瓦樂希的托馬斯斯特恩斯艾略特的雅各拉岡的馮紐曼的克勞徳李維-史陀的丸山真男的華倫巴菲特的尚盧高逹的小室直樹的雅克希拉克的入江昭的蓮實重彦的柄谷行人的三浦雅士的岩井克人的祖漢告魯夫的小林康夫的威滕的比盖茨的浅田彰的宮台真司的施丹的国立行政学院的牛津劍橋的哈佛法学院的普林斯頓高等研究院的旧制一校日比谷的筑駒的灘開成麻布京大的余裕洗練。

15. 浅田彰>>壁>>宮台真司 2009/02/04(水) 08:24:30
【神】天才的文化エリート【ゴルゴ】>>越えられない壁>>【キモい】宮台真司【エロい】

京大&ケンブリッジ&ハーバード飛び級レベル>>越えられない壁>>駿台模試全国一位

ノーベル賞&フィールズ賞レベル>>越えられない壁>>文化勲章レベル

理数系の浅田>>越えられない壁>>蚊系の宮台

『構造と力』>>越えられない壁>>『権力の予期理論』

京大史上最高の文化エリート>>∞>>東大史上最高の変人奇人

究極の文化人>>越えられない壁>>オーソドックスな文化人

フランスの超エリートと会食する浅田彰>>越えられない壁>>欧米社会と無縁な宮台

世界のVIPと会談する外資系の浅田彰>>越えられない壁>>帰国子女と戯れる宮台

17. 伝説へ、ヒナギクとともに… 2009/02/04(水) 10:57:42
シンポがニコニコに上がってたね。
東工大で、東、宮台、浅田、磯崎、…
「萌え理論」ブログにくわしいまとめがある。

18. 2009/02/05(木) 02:00:18
早 川ってニコ動なんて見るんだw

19. 浅田彰のメッセージ 2009/04/22(水) 04:41:43
京大史上最高の文化エリートが語る
http://www.youtube.com/watch?v=XBBAIyetV9M&feature=related

20. おっさんです 2009/04/22(水) 20:38:32
浅田が追求しているものは。

2年後のあれ。

21. アサダ語る/浅田彰 2009/06/01(月) 10:02:13
http://www.youtube.com/watch?v=rmHGUh_0gr8

22. デリダ語る/ジャック・デリダ 2009/06/01(月) 10:05:24
http://www.youtube.com/watch?v=8sSkjJ51IYI&feature=related

追加発言
お名前
(ペンネーム可、全角15文字以内で入力)
固定HNパスワード
メールアドレス
(省略可、半角で入力)
cookie←ここまでの情報を保存するときはここをチェック。
発言
ホーム > 談話室 > 議論 > 浅田彰 第6章