京都大学ポータルサイトサイトマップ問い合わせ

談話室

ホーム > 談話室 > 雑談 > 吉田寮祭

吉田寮祭


1. 一回 2005/05/25(水) 05:24:08
やってるらしいけれども

2. 寮祭テーマソング 2005/05/25(水) 08:12:01
吉田りょおさいっ♪吉田りょおさいっ♪
わ〜い わ〜い 楽しいなっ♪

3. 確率論基礎の受講生 2005/05/25(水) 12:53:25
5月23日2時限の確率論基礎で
何で講義中に乱入してくんねん!!!メッチャ邪魔やし。俺らは高い学費出して大学に来て講義受けてんねん。邪魔すんな!あんたらに俺らの勉強時間奪う権利はない!

4. 4歳 2005/05/25(水) 13:58:18

もちつけ。

毎年のことだ。

5. だから 2005/05/25(水) 17:40:29
ここでいわずに直接言えって。

6. 2005/05/25(水) 18:50:21
>確率論基礎の受講生
>俺らは高い学費出して大学に来て講義受けてんねん。
学費が高いのはその通りだが、そもそも学費は講義一コマいくらと計算できる性質のものではない。各種学校の受講料と勘違いしているのでは。
そしてたかだか1回生配当科目に出席しているだけで「勉強」だのなんだのいうあたりが、みみっちい。
こんなところに書き込む時間があるならもっとお望みの勉強をされてはどうか。

7. まぁまぁ 2005/05/25(水) 19:08:46
「メッチャ邪魔」なことが問題なのかも試練。

例えばいきなりやたらとたたかれたりするのは向こうはハイテンションなので
気にしていないかもしれないが冷静な普通人が気分を害す可能性は往々にあると思われる。
これは一緒に騒げない人は子供、とかいう問題ではなくて気質によるだけだと思う。

8. 2005/05/25(水) 21:18:47

  た
    よ
      し
        だ
          り
            ょ
              う
                か

9. どうも毎年のことらしい 2005/05/25(水) 22:13:47
週刊文春「2000年8月31日号」
<あまりの乱痴気・京大吉田寮祭に法学部長激怒>

「大学生としてのわきまえがない。子供じみておると思います。京大生も次元が低くなったなあという感じです」
 憤りを隠さないのは、中森喜彦・京都大学法学部長。 事件は、五月下旬の昼前時計台下の大教室で起きた。
 教室では、佐久間穀教授による民法の講養が粛々と行われている。そこに突如、上半身にペインティングを施したり、仮面をかぷったりという異形の集団が、奇声を発しながら闖入してきたのだ。
 彼らの正体は京都大学吉田寮の学生たち。吉田寮といえば、「虹萌ゆる丘の花」の歌とともに旧制三高の伝統を引き継ぐ京大のシンボルともいえる。佐久間教授から報告を受けた学部長は、寮を管轄する学生部に顛末を伝えた。
「学生部委貝会の席で、法学部の先生から、学生としてあるべき態度ではないから対応を考えてほしいとの報告がありました。寮の学生はよく私のところへ話をしに来ますので、その機会に、『この前、寮生が仮装して授業に入った
そうやけど、先生の講義というのは公務やから、しつこく妨害をしたら公務執行妨害ちゅう罪になるぞ』と話をしたら、寮生は『それは大変申し訳ありませんでした。これからは注意します』と答えましたよ」(宮崎昭・副学長)
 なぜ寮生は仮装して講義に乱入したのか?「五月の終わりの寮祭を宣伝する仮装です。仮装決起といい、一般教養の先生は慣れているけど、法学部には余力があればたまに行くという感じなので、先生は驚かれたのではないでしょうか」(寮生)
 教室に入って何をやるかというと、「先生にお酒をふるまったり、芝居の宣伝に寸劇をしたり、午前中の講義廃止を呼びかけたり(笑)いろいろ。総長室
に押しかけたり、時計台の上に登ったりもします」(同)
 予期せぬ学生の訪問を受けた佐久間教授は、「私が学生の頃は暴力的な学生グループもいて、教官への暴力などもなくはなかったので自分や受講している学生に
危害が加えられないかと心配でした。ただ、アピールが一通り終わったところで、出ていってほしいと言うと素直に帰ってくれて、ある意味では
拍子抜けをしたというのが正直なところです。学生が謝ったという報告を押きまして、これもまた拍子抜けした思いです。私が学生だった頃にそ
ういうことが起こっていたら、後で弁明を求められても、しらを切るというのが普通でした。時代は変わったんだなあと思ったんです」
 吉田寮といえば、かつては自由を謳歌した学生の牙城だったはず。叱られたからといって、″伝統行事″は絶やさないでほしい。

10. a 2005/05/25(水) 22:19:19
でもまぁがんばってもらいたいね。

11. 道化師 2005/05/25(水) 23:49:02
>でもまぁがんばってもらいたいね。
何のがんばりを期待すればよいのだろう?
「自由な大学」の本当の自由さが失われている中での、
「自由な校風」の宣伝材料もしくはトリックスターではないか。おとり広告として、いいように使われているだけじゃん。ほんとに、収入の面で苦しい学生、院生、留学生、できちゃったポスドク夫婦のために、鉄筋構造の建物を作ってほしいな。

12. みちのり [E-Mail] 2005/05/26(木) 03:07:06
講義に乱入する仮装決起の人たちには、なんか単純に笑える・・・。なので結構好きです。

13. 確率論基礎の受講生 2005/05/27(金) 12:57:10
>学費が高いのはその通りだが、‥
>そしてたかだか1回生配当科目に出席しているだけ‥
週0コマであろうが25コマであろうが同じ学費を払っていることは知っている。その中で時間と自分の能力に合わせて講義を選んでいるのではないか。だから1つ1つの講義はとても重要だと思っている。加えてこの講義は1回生配当でなく2回生配当のクラス指定科目。

14. あはは 2005/05/27(金) 14:10:02
>確率論基礎の受講生
そりゃまあ、高い学費払ってみんな学校に来てるさ。
けど、授業に一瞬部外者が入ってきたからってそこまで目くじらたてんでもいいやろ。
吉田寮の人間がああいうかんじやってことは、大学に入る前から分かってる情報ちゃうん?
しかも、自分、2回生やろ?去年1年京大にいてわからなんだ?
それにその「確率論基礎」ってクラス指定やからとってる〜みたいな部分もあるんちゃうん?
とりあえず、こんなところでしか文句言えへんぐらいやったら言わへんほうがまし。みじめやで。言うんやったら、吉田寮に直接行って言うか、その場で吉田寮生に向かって言うかしろや。

15. うんこ 2005/05/27(金) 16:25:40
もう鳩喰い競争やらないんですか?

16. 2005/05/27(金) 16:28:08
これまで、授業妨害に来た吉田寮生に「出て行け」とかと怒鳴ったり、黒板消しを投げて、生徒を守ろうとした教師はいないのですか。一度、そういう素敵な乱闘も見てみたい。

17. 2005/05/27(金) 17:17:19
むしろ、苦笑しつつも楽しんでる教官のほうが多い。

18. しかい 2005/05/27(金) 20:57:02
仮装っていうのが安直だよね。オリジナリティが0.

19. /// 2005/05/27(金) 21:47:29
昨日の研究室からの帰り、夜12:30頃。
「青空カラオケ」でSAY YESを唄っている兄ちゃん、
めっちゃうまかった。

毎年のように人民酒場に行っています。
寮祭、がんばって下さいね。

20. OB 2005/05/28(土) 00:07:33
>うんこ 2005/05/27(金) 16:25:40
>もう鳩喰い競争やらないんですか?

 えっ? 鶏をさばくのは農学部の連中が時々、企画したことがある。去年のNFで、寮の先輩が、かもしかを朝に北山で捕まえて、「E号館」の前で捌いていたから、動物を解体するのは、学術的および体験的によいかもしれない。寮のノラネコが廊下ですずめを取ってきたので、それを横取りして伏見稲荷神社の「すずめの丸焼き」風にしてみたが、食べた寮生はおいしくなかったようです。
 だから<鳩>をたべるというのは(エジプトではご当地料理で、美味らしい)、すずめでコリているので、鳩にまで、食が及んだとは聞いたことがありません。本当ですか? それに鳩を捕まえるのは、スズメ以上に大変です。肉も薄そうです。

21. 2005/05/28(土) 00:24:10
 動物を、たべたことはないな。
 北寮とテニスコートの間にはミュウガが、自生していて、味噌汁やそうめんを食べる度に、取りにいったよ。それから、鳥のえさの「麻」を蒔くと、面白い草が生えてきたがそれは、秘密。変なサボテンや、キノコもあったが、辞典と見比べて食べられるかどうか、調べた。どうも東南アジアからきたマジック●●●●ルームらしいが、チャレンジする度胸はない。まじめに、畑を耕していた人もいた。植物はいいけど、動物は台所がくさくなるから嫌われるなあ。

22. 6974 2005/05/28(土) 01:58:40
吉田寮祭万歳!!ただ「りょうさい」で変換すると、一発目に良妻と訳されるのが傷#

23. ↑↑&↑↑↑ 2005/05/28(土) 02:10:26
お前ら二人そろって「、」つけすぎで読みにくいんだよ。

24. ふんふん 2005/05/28(土) 11:14:13
左巻きのひとの文章は、なぜか、「  」が多いね。カッコつけるためですか。

25. うんこ 2005/05/28(土) 11:29:38
何年か前、寮祭の看板で鳩喰い競争と言うのを見かけたんですよ。
足の数で勝負するという…

26. 2005/05/28(土) 11:32:15
>足の数で勝負するという…
おえええええええええええええええええええ、
うえええええええええええええええええええ、
げえええええええええええええええええええ、

27. うーむ 2005/05/28(土) 14:24:06
なんかパン食い競争のように吊るされた鳩を、足だけ食いちぎっていく様が思い浮かんだが…まさかね。
普通に鳩をいっぱい食べるだけじゃないの?それなら気持ち悪くないんじゃない?
エビ食い競争で、尻尾の数で勝負するようなもんでさ。

28. 2005/05/28(土) 19:13:54
>普通に鳩をいっぱい食べるだけじゃないの?
普通に?
おいおいおいおいおいぽいおいおいおいおいおいおい。
平和の象徴だぞ。

29. 2005/05/28(土) 20:32:02
>平和の象徴
白い鳩ならそうかもしれないですが、街にたむろしてる鳩は別に平和っぽくないと思います。
でも、飛べる鳥は筋肉多くて美味しくなさそうですね。
小学生の頃、伏見稲荷で食べたスズメも美味しくなかった記憶があります。

30. ネットで検索しました 2005/05/28(土) 20:42:33
次のようにあります。慣れない食文化を偏見でみるのはイクナイとおもいます。長野では、蜂の子や、イナゴの佃煮などがお土産に売られていますよ。


鳩料理。2種類あり一つは鳩をそのままグリルしたもの(ハメーム)。もう一つは日本で言ういかめしのように丸ごとの鳩の中にローズ(お米)を詰めたもの、またフリーク(麦)を詰めたものがあります。 鳩料理は日本人にはなかなか馴染みがなく珍しい料理ですが、ヨーロッパ、そしてここエジプトでも高級料理の一つとされています。味はもちろん鳥肉のようにさっぱりとしていてグリル、詰め物、共にとても美味しく是非お試しあれ!ご注文される時は、ハメーム(グリル)か マフシーローズ、マフシーフリークと

31. ドバト 2005/05/28(土) 20:53:07
はそもそも雑食性であり、特に人間が生活している地域に住むドバトは何を食っているかわからないので(有害物質は筋肉、内臓等体内に蓄積)臭いだけでなく、危ないと思う。

32. ネットで検索しました 2005/05/28(土) 21:01:15
 危ないかどうかは、鳩を食べている吉田寮生と、鳩を食べていない京大生の健康診断結果(血液など)を比較して、有意差があるかどうかで、判定すると正確だろう。 でも、鴨川の産廃処理の汚染水を鴨川レースで飲み込んいるので、その影響分は差し引いて、統計学の教室に審査願うのは、どうか。京大のトリビアの種になりますか。

33. 2005/05/28(土) 21:54:55
いや、まぁ吉田寮生だって毎食鳩食べてるわけではないでしょう。
年に1回程度なら、ほとんど差は無いんじゃ?

34. pp 2005/05/28(土) 22:21:49
そのへんの鳩とか雀とかつかまえて食べるのって違法行為じゃなかったっけ

35. 2005/05/28(土) 22:38:11
 鳥を無差別に採取するカスミ網の禁止と混同しているのではないですか? または、漁業組合の管理する河川での、投網は禁止されています。
 雀取りは職業として存在しているし、竹かごに棒をさして、穀をばらまいた雀取りの子供の遊びは、罰則はないはず。寮の付近にカスミ網はみないので、違法行為はしていないでしょう。どうやって、鳩を集めているかは興味がありますが。

36. pp 2005/05/28(土) 23:44:04
>↑
そうじゃなくて、単純に鳥獣保護法違反なんじゃないかと思うんだけど。

37. 2005/05/29(日) 00:08:25
>pp
ほんまや、2002年の法改正で、鳥獣の捕獲規制については、鳥獣の捕獲は原則として禁止、捕獲が認められるのは、1、狩猟による捕獲又は、2、許可による捕獲のいずれかの場合に限定されている。カスミ網は、もっと以前の改正で禁止の強化。原則、特定の種以外の狩猟は認めるから→原則、禁止に大転換しているではないか。僕らの時代の「スズメ」も規制の対象だ。ああ、前科者になってしまった。いよいよ、寮生の鳩はどこから入手したのか。養殖してるのかな。

38. ばおばぶ 2005/05/29(日) 01:53:43
>/// 2005/05/27(金) 21:47:29
昨日の研究室からの帰り、夜12:30頃。
「青空カラオケ」でSAY YESを唄っている兄ちゃん、
めっちゃうまかった。

青空カラオケは1日中やっていたのですか?吉田寮MLに流れた情報では昼休みの1時間だけになっていたけれど。行けばよかったなあ。

39. 2005/05/31(火) 23:37:08
歌い続けるんの。オフォ違うん。

40. お年寄り 2005/12/09(金) 19:40:01
「吉田寮祭」を調べて、ググルとココに行き着いてしまった。ちょっと調べた記録を記念に残して、さよならします。若い人は、あとの年代を続いて書いて。

<吉田寮祭1985 賑やかに行なわれる>

 去る5月18日から26日にかけて毎年恒例の「吉田寮祭85」が、寮祭実行委の主催で行なわれた。この寮祭は様々な文化活動を通して、寮生と寮外生との関係をうちたてていこうとする主旨で開かれたものである。以下、華々しく行なわれた吉田寮祭のいくつかのイベントを振り返ってみよう。

<仮装パレード>

 吉田寮祭初日の5月18日は、寮祭の情宣活動として仮装パレードが行なわれた。僧侶や看護婦、寝間着姿等に仮装した寮生は、同志社学内、新京極四条河原町、三条京阪等で吉田寮の存在をアピールした。仮装した寮生の大群は、やはり奇異に映り、なかでも女子学生に変装した某君は、行列が進んでゆくにつれ、それらしくなってきたとの評判を、また男らしい体を白衣に包んで行列した某君は、もっぱら気持ち悪いとの悪評を得ていた。道中一行は若い女性の笑いを買ったり、外国人から手を振ってもらったりしていた。

<ソーラーバルーン>
 寮生の情宣の一環として、22日に一回生有志によってソーラーバルーンが掲げられた。これは断面が4Mの正方形、長さが9Mという非常に大きなもので黒いポリ袋を百枚も使っている。このバルーンは横には「吉田寮祭85」という文字が描かれており、吉田寮グラウンド上空で、十分な宣伝効果を上げるはずであった。であった、というのはハプニングが起きたからである。バルーンを支えていた麻糸が切れ、バルーンは滋賀方面へ飛んで行ったしまった。直ちに寮生が車で追跡を開始したが、捉えることは出来ず、今尚バルーンは発見されていない。追跡した寮生の話によれば、京都市民が、飛んで行くバルーンを指さしあっていたというスーパーマンもどきの一こまも見られたという。なお、事件は京都新聞にも掲載され、単にバルーンを上げる以上に宣伝効果が得られたのではないかという話も聞かれた。

<鴨川レース>
 寮祭最終日の20日はメインイベントである鴨川レースが行なわれた。新入寮生の増加に伴い、今年は例年よりも参加者が増え、全員がスタートラインに並んだシーンは迫力があった。出走メンバー各自による自己紹介の後、一行はサイレンの合図とともに、丸太町橋から賀茂大橋まで約1KMのコースを走り始めた。各出走者は、ドラキュラやてるてる坊主、在寮期限粉砕を訴えるボディペインティングなど様々な仮装を施し、その異様な風体は、沿岸の人々の注目や声援を買っていた。レースの結果は、1位、3位を5回生が奪い、年寄りの元気の良さを見せつけたのを始め、ブービー賞が川でリアカーを引いたメンバーに。「最も目立ったアホに贈られる」というババロン賞が大阪地区労の方に。喫茶店のカフェ=ド=ハマノ杯が畳を担いで走りに抜いた寮生に。河合塾の牧野剛講師からはビールの差し入れが、ビリの二人三脚のメンバーに贈られた。
 レース後は全員で東洋醸造株式会社からおくられた大量の缶チューハイによる乾杯のあと、「在寮期限粉砕」をシュプレコールをしながら、御幸湯に続々と突入していった。

<その他いろいろ>

 以上の他にも、映画上映やスポーツ大会、様々な団体による真面目な学習会、黒字を生みだし寮祭財政に貢献した喫茶バラバーラ、3日間で200名近い観客を動員した演劇。なんと有吉九段を呼んで、毎日新聞にも取り上げられた将棋大会。明け方まで続いたコンサート&ディスコなど、様々な催しが行なわれ、寮祭は大いに盛り上がった。

41. お年寄り 2005/12/09(金) 19:41:53
「吉田寮祭」を調べて、ググルとココに行き着いてしまった。ちょっと調べた記録を記念に残して、さよならします。若い人は、あとの年代を続いて書いて。

<吉田寮祭1985 賑やかに行なわれる>

 去る5月18日から26日にかけて毎年恒例の「吉田寮祭85」が、寮祭実行委の主催で行なわれた。この寮祭は様々な文化活動を通して、寮生と寮外生との関係をうちたてていこうとする主旨で開かれたものである。以下、華々しく行なわれた吉田寮祭のいくつかのイベントを振り返ってみよう。

<仮装パレード>

 吉田寮祭初日の5月18日は、寮祭の情宣活動として仮装パレードが行なわれた。僧侶や看護婦、寝間着姿等に仮装した寮生は、同志社学内、新京極四条河原町、三条京阪等で吉田寮の存在をアピールした。仮装した寮生の大群は、やはり奇異に映り、なかでも女子学生に変装した某君は、行列が進んでゆくにつれ、それらしくなってきたとの評判を、また男らしい体を白衣に包んで行列した某君は、もっぱら気持ち悪いとの悪評を得ていた。道中一行は若い女性の笑いを買ったり、外国人から手を振ってもらったりしていた。

<ソーラーバルーン>
 寮生の情宣の一環として、22日に一回生有志によってソーラーバルーンが掲げられた。これは断面が4Mの正方形、長さが9Mという非常に大きなもので黒いポリ袋を百枚も使っている。このバルーンは横には「吉田寮祭85」という文字が描かれており、吉田寮グラウンド上空で、十分な宣伝効果を上げるはずであった。であった、というのはハプニングが起きたからである。バルーンを支えていた麻糸が切れ、バルーンは滋賀方面へ飛んで行ったしまった。直ちに寮生が車で追跡を開始したが、捉えることは出来ず、今尚バルーンは発見されていない。追跡した寮生の話によれば、京都市民が、飛んで行くバルーンを指さしあっていたというスーパーマンもどきの一こまも見られたという。なお、事件は京都新聞にも掲載され、単にバルーンを上げる以上に宣伝効果が得られたのではないかという話も聞かれた。

<鴨川レース>
 寮祭最終日の20日はメインイベントである鴨川レースが行なわれた。新入寮生の増加に伴い、今年は例年よりも参加者が増え、全員がスタートラインに並んだシーンは迫力があった。出走メンバー各自による自己紹介の後、一行はサイレンの合図とともに、丸太町橋から賀茂大橋まで約1KMのコースを走り始めた。各出走者は、ドラキュラやてるてる坊主、在寮期限粉砕を訴えるボディペインティングなど様々な仮装を施し、その異様な風体は、沿岸の人々の注目や声援を買っていた。レースの結果は、1位、3位を5回生が奪い、年寄りの元気の良さを見せつけたのを始め、ブービー賞が川でリアカーを引いたメンバーに。「最も目立ったアホに贈られる」というババロン賞が大阪地区労の方に。喫茶店のカフェ=ド=ハマノ杯が畳を担いで走りに抜いた寮生に。河合塾の牧野剛講師からはビールの差し入れが、ビリの二人三脚のメンバーに贈られた。
 レース後は全員で東洋醸造株式会社からおくられた大量の缶チューハイによる乾杯のあと、「在寮期限粉砕」をシュプレコールをしながら、御幸湯に続々と突入していった。

<その他いろいろ>

 以上の他にも、映画上映やスポーツ大会、様々な団体による真面目な学習会、黒字を生みだし寮祭財政に貢献した喫茶バラバーラ、3日間で200名近い観客を動員した演劇。なんと有吉九段を呼んで、毎日新聞にも取り上げられた将棋大会。明け方まで続いたコンサート&ディスコなど、様々な催しが行なわれ、寮祭は大いに盛り上がった。

42. お年寄り 2005/12/09(金) 19:47:39
<「在寮期限」をぶっとばして吉田寮祭1986>

 5月16日から25日までの10日間、吉田寮祭が行なわれた。豊田勇造ライブに始まり鴨川レース・うちあげコンパに至るまでの多種多様の企画が行なわれた。「在寮期限」が過ぎても吉田寮の現在の機能は活きており、自治空間を守っていることを寮生たちは示している。

<日程表>

16日(金)豊田勇造コンサート
17日(土)(女子寮祭)
18日(日)スポーツ大会、琵琶湖研究会の学習会
19日(月)仮装決起集会、ボクシング大会(雨天のため延期)
20日(火)仮装パレード、アドバルーン
21日(水)もちつき、狭山久世を闘う会の学習会
22日(木)合唱、演劇「善悪の彼岸過迄」
23日(金)日韓問題研究会の学習会
24日(土)映画「Uボート」、コンサート&ディスコ
25日(日)鴨川レース、打ち上げコンパ

<存在をアピール>

 吉田寮は「在寮期限」を3月31日にむかえた。「在寮期限」とは、自治寮の存在を認めない文部省の意向を受けた京大当局が吉田寮をつぶそうとして一方的に決めたもので、新寮が建設されなくても吉田寮生は出てゆけというものである。吉田寮は当然のことながらこれに反対し、今年も新入寮生を募集した。そして、その結果、多くの―回生が寮に入った。
 今回の吉田寮祭は「在寮期限」を乗り越えて行なわれたもので、その意義は3点挙げられる。

1)寮の存在をその存在意義を学内外にアピールする。
2)寮生間の交流を深める。
3)寮自治の活性化をはかる。

 とくに吉田寮としては、大衆的に寮闘争を勝利するために、吉田寮の存在と意義を広く知ってもらうことは非常に重要なことである、と考えている。様々な意味を含んで今年も開かれた。

<鴨川レース>
 5月25日、鴨川を丸太町橋から今出川三角州までの1.5KMを逆走するという毎年恒例の鴨川レースが行なわれた。
 吉田寮生は吉田寮祭を「京都4大祭」の一つと呼んでおり、吉田寮祭の最もメインのイベントが鴨川レースである。よって「宵山」と同じくらい大切なものらしい。参加者は約80名。中には、某寮生が家庭教師をしている中学生がいたり、また学ランの応援団も多数参加した。
 参加者には真剣にタイムを競おうとする身軽な格好をしている者から、目立とうという仮装組には、6人が一体となった「いもむし」やら、「てんとうむし」「カッパ」「チョウ人間」などがいた。「吉田寮」と大きく掛かれた大旗をはためかして力走する者や、自転車に乗っていこうとする強者も。
 一位には「吉田寮祭を内輪うけだけにはさせないぞ」と豪語した農学部の寮外生がなった。客受けの良かった者に贈られるカフェ=ド=ハマノ賞は、「いもむし」の6人組、ブービーに与えられるはずのババロン賞は、よくぞ参加してくれたということで中学生にそれぞれ与えられた。最も、他者を蹴落とした人に贈られるキム=スイル杯は、他人のスカートを脱がした二人組が受け取った。

<仮装パレード>

 20日「京都市の吉田寮化」を企てるということで、仮装パレードが行なわれた。この日は、午前中はあいにく雨が降っており、当初12時に予定されていたパレードは4時に変更された。
 出発の準備に手間取り、いつものように1時間も遅れて始まった。行列は吉田寮食堂を出発し、シュプレヒコールを挙げながら丸太町通から河原町と向かう。各々好きなように奇装・仮装をしており、いったい何物が歩いているか通行人には分からないほどであった。
 三条河原町に着くと、ウルトラマンとバルタン星人のパフォーマンスが行なわれ、通行人の驚きと笑いを集めた。四条河原町から新京極へ行列は進み、派出所のところでビラまき部隊を待つ。
 修学旅行の女子中学生をバルタン星人たちがキャピキャピと脅かして騒いでいると、引率の女性教師が「えー、あなたたち京大生ですか。そうね、勉強のしすぎでねえ、こんなバカなこともしたくなるでしょう」と話す場面もあった。三条京阪で寮祭パンフを配り終えると、鴨川の河川敷に降りて、そこで解散し幕を閉じた。

<ボクシング大会>

 19日の予定だったボクシング大会は、雨のため21日に延期となった。午後の2時半ごろ、教養部T字路にて大会は行なわれた。
 ボクシングが始まると「いったい、どうしたのだろうか」と多くの学生が立ち止まり観戦した。試合は10数組おこなわれ、中には流血の熱戦も。飛び入り参加もあって、ワンダーフォーゲル部、空手同好会・少林寺拳法部などの猛者が吉田寮生に闘いを挑んできた。試合の方は、吉田寮生が流血をし、劣勢を強いられている。ところが判定は拍手によるよるものなので、勝者はほとんどが吉田寮生となった。教養部を大いに騒がせたボクシング大会であった。

43. お年寄り 2005/12/09(金) 19:48:03
<スポーツ大会>

 18日には、スポーツ大会が開かれた。ソフトボールは農学部グラウンド、バレーは吉田コート、そして卓球は吉田寮食堂でそれぞれ賞品のビールをめざし、熱戦が繰り広げられた。
 ソフトボールに参加したのは、1回生チーム、2回生チーム、年寄りチーム、地塩寮チーム、新しい科学の会、11月祭事務局の6チームであった。優勝したのは1回生チーム。4戦全勝の同士の対決となった決勝戦で新しい科学の会チームを破り、栄冠を収めた。
 バレーボールには、ヤングチーム、オールドチーム、ベリーオールドチーム(別名ヤングスターズ)、11月祭事務局チームの4チームが参加した。こちらも大接戦の末、見事にベリーオールドチームが優勝し、見事ビールを手にいれた。 
 寮食堂で行なわれた卓球大会も団体戦、個人戦とも大いに盛り上がった。


<寮祭実行委員長に聞く> 福分宮児さん

 寮祭の意義ですか。寮内で確認されたことが3ほどあります。寮の存在意義を学内外にアピールすること。「在寮期限」が経過したけど、まだ吉田寮は頑張っているんだぞってね。この他に寮内の自治活動に寄与するというのがあります。
 それで本番についてですが、皆が参加してよく頑張ってくれたと思います。それと昨年はできなかった女子寮との合同企画(合唱と演劇)もきちんとできましたし、まあおもしろかたのではないですか。さっきいった寮祭の意義も達成できたと思います。ただ、お年寄り(寮の上回生のことを意味する)の参加が少なかったのが残念でした。もっと多くのお年寄りが参加して欲しかった。それと学内での事前の情報宣伝にもっと力を入れたかったのですが、情宣部員が1名ということで、人数的に限りがあってできませんでした。で、寮祭そのものも寮の情宣の一部とも考えられないこともない。これは寮祭の捉え方に関係して来るんですけど。
 寮祭はひとまず終わりましたが、寮祭で得たものを今後どう活かしてゆくか、動いている力をどこに向けるかが問題だと思います。寮祭中に人間が変わるってことがある。とくに―回生にとっては寮祭は、今まで縛られてきた地域社会や学校の枠を越えて変わり得る場であったと思います。10日間という時間が濃密だったのではないでしょうか。若い男女が一緒に時間を過ごす場合のようにね。そんな時間の中で、一人一人が活性化し、そして個人対個人の関係も活性化しました。この一対一の関係が、多数対多数の関係にまで発展するならば寮祭は大成功だったと思います。

<一回生体験談>

 15日に始まった吉田寮祭は、25日の鴨川レースでいよいよ最後の盛りがりを見せ始めた。私ははずかしながら記録部の連中と一緒に「いもむし」をやった。「いもむし」といっても、ビニールをかぶるだけなのである。しかし、これはななかなかの好評で、NHKのニュースにも出てしまった。
 さて、レースが始まると、これが予想通りの大苦戦。ビニールに水が溜まって大変な重さになってしまうのである。特に水が流れ落ちているところで、はまってしまった。開き直った我々は、川を走る同胞を襲撃しつつパフォーマンスに徹しつつ歩き続けた。結果は最下位に終わったが、今までに感じたことがない満足感を得ることができた。こんな素敵な寮祭を無くすようなことがあってはならないと思う昨今である。

<別な寮生の体験記>

 私の寮祭はバルタン星人に始まって、バルタン星人に終わった。製作日数1週間、製作費用3千円、血と涙と汗、友情の結晶だった。夜通しで段ボールで型をつくり、紙粘度を貼って、色を塗って、幾度も白みかけた空を見たとだろうか。教養部構内では、授業中に突然現れ教室を徘徊した。新京極では修学旅行の女子中学生や一般市民を驚かして遊んでまわった。そして、鴨川レースの日、6人からなる大きな「いもむし」の先頭にバルタン星人はいた。
 丸太町橋からスタートして一番目の段差をよじ登ったとき、すでにバルタン星人は鴨川の流れの中へと消えていた。ゴールに着いた時、バルタン星人を飲込んだ鴨川を見つめて、こう言った。「オレの寮祭はバルタン星人そのものだった」と。

44. お年寄り 2005/12/09(金) 19:52:40
<吉田寮祭1987 >

 去る5月22日から31日までの間、恒例の吉田寮祭が今年もまた開催された。個々の企画はほぼ毎年のものを踏襲し、仮装パレードや鴨川レースはもはや恒例。目新しい企画としては、5000人アンケート、逆バザー、編み物講習会が挙げられる。このうち逆バザーは、その当初の危惧通り、早々と破綻した。この辺り、やはり吉田寮一流の「見切り発車的体質」が災いした。

 5月22日正午過ぎ、京都市街を練り歩く仮装パレードを皮切りに87年度吉田寮祭が幕をあけた。デビルマン、伊達正宗、パーデンネンマン等マスメディアの影響を受けたもの、機動隊や時計台など吉田寮ならではの仮装も見られた。比較的「前衛芸術」要素の強かった前年の仮装よりも、ややレベルアップを感じさせた。しかし、2回生以上の参加が少なく、要領を得ない1回生の主体のパレードとなり、折角のキャラクターを活かしきれなかったのが残念。また、パレードの順路を変更したため、遅れて駆けつけた「ミイラ男」が、京都の繁華街で一人寂しく途方に暮れた事実は、聞く者の涙を誘っていた。

 翌23日は女子寮祭。女子寮と吉田寮の1回生は仲良く合唱を行なった。しかし、吉田寮の2回生は客として女子寮に粘り、「女子寮の吉田寮化」を主張。今後の女子寮との交遊、いや交流関係に課題を残した。

 24日はスポーツ大会。当初のソフトボールは会場の手配が出来ずに無期延期。しかしバレーボールと卓球は順当に行なわれた。バレーボールでは文学部有志ほか寮外生からの参加もあり、寮外生との交流がアタックされた。卓球は吉田寮生がほぼ独占し、「ピンポン外交」は空振りに終わることになった。

 25日は、仮装決起集会。仮装内容は、パレードの時と同様、学内でシュプレヒコールを行なった。道すがら、森毅教授に吉田寮祭のマンネリ化によるアピール不足を指摘され、今後「芸の道」を厳しく極めるよう、寮生を説教する一幕もあった。

 26日に予定のソーラーバルーンは都合により延期、後日挙行された。鯨型のバルーンは工夫のあとがみられたが、天候に恵まれず今一つ大空に舞ってくれなかった。一方、演劇「想稿 銀河鉄道の夜」がこの日と翌日、吉田寮食堂で公演を行なった。短期間で仕上げた即興劇団であったが、公演での熱演ぶりは小手先の演技力では出せない強いアピールを生み、観客から多くの感嘆の声と、惜しみない拍手が寄せられた。

 27日には、教養部構内で「もちつき大会」とボクシング大会が行なわれた。味のおかげか物珍しさか、餅は見事完買。寮祭企画の白眉として粘りを見せた。一方のボクシング大会もかなりの人気を集め、寮への従来のイメージをKOした模様。

 28日は、5000人アンケート。森毅・井上健教授の「自然科学史ゼミ」の時間を使って行なわれた。「単位の値段」「京大に無いもの」「吉田寮のイメージ」「A号館の落書きの是非」の4項目のアンケート結果をもとに議論を行う趣旨だった。
 落書きについては「自分達の空間を自分達で演出したい」「自分からの空間をいつまでの綺麗に残しておきたい」という2点を柱とし、活発に意見が交わされた。吉田寮のイメージに関しては、意見が余り出ず、依然、寮生と寮外生の溝の深さを感じさせた。

 29日は、逆バザーが破綻したものの、編み物講習会は順調に行なわれた。寮生が熱心にA号館まえで、毛糸の編み編みしている姿は、ほほえましさと不気味さが一つになって不思議な空間を醸し出した。

 30日の映画上映と、明け方まで盛り上がったライブ演奏のあとのクライマックスの鴨川レース。各人思い思いの仮装をして、吉田寮ほか、熊野寮・地塩寮その他からの参加もあり、31日午後1時、丸太町橋下をスタート。結果はいわゆる「お年寄り」が上位を総ナメ。寮の高齢化がしてされる中、伊達や酔狂で長年寮生をやっていないという風格を感じさせながら、10日間に渡るロングランの有終の美を飾った。

45. お年寄り 2005/12/09(金) 19:57:36
落書きは、吉田寮祭裏企画。もう時効だろう。1987年。

<春の珍事 キリンの落書>

 富士には月見草、A号館にはキリンがよく似合う? 4月28日早朝、教養部A号館西側壁面に巨大な落書きが現れた。高さ10数メートルの壁一面にキリン・サル・ヤモリなどのデザインがスプレーやポスターカラーで描かれており、さながら、「動物画」のよう。誰が描いたのかさっぱり分からないが、通りかかった教養生が不思議そうにながめている。一方、立て看板やビラで落書き支持する学生も登場し、管理する教養部当局も消すに消されず、困った様子である。

 教養部は、本部と違って落書きが珍しくない。掲示板にはスプレーで「闘争」のスローガンが、そして机にはカンニング用の公式が、さらにトイレには活字に出来ないような落書きが所せましと書かれている。そんな京大生でも、驚いたのがキリンの落書きだ。

 A号館(3階建て)の北西の壁面いっぱいに黄色のおおきなキリンが1匹。その足元には赤いチューリップがいくつも描かれ、そして余ったスペースにはサル・ヤモリ・チョウチョが思い思いに描かれている。

 通りがかりの学生は「大きくてすがすがしい。どうやって描いたのだろう」「あした、10時にキリンの前でね、って待ち合わせの場所になると良いね」「教養部は<意味>のある落書きやビラで溢れているから、ああいった、<無意味>な落書きは新鮮」など好意的な反応が多い。しかし、落書きの前で人に指摘されて初めて気づく学生も少なくない。落書きの壁が通りにかなり接近しているので、おおきく見上げないと、逆に気づきにくいのかもしれない。いちばん良く見えるのは、吉田グラウンド。体育に出席している学生は「あのキリンを見ながらランニングしていると溌剌としてくる」。

 建物を管理する教養部事務局は「4月28日の早朝、描いてあるのを職員が見つけた。前日の深夜から描いたのだろう。いったい誰がどうやって描いたかわからない」と落書きを行なった学生のバイタリティに驚くばかりである。気になるのは落書きの今後だが、教養部事務局は「消すかどうかについては、消してもまたすぐに描かれるかもしれないという判断があって、お金がムダだから、すぐには消さない」という態度を取っている。しばらくはキリンをながめられそうである。

 登山に詳しい人によると「落書きは、建物の屋上に支点をとって、そこからザイルを伸ばし、登はん者を巻付ける。それを地上から別のザイルで左右に振り子のように移動させて(振り子トラバースという)、描いたんじゃないか」と推測している。

 積極的に落書を用いて落書きを支持する学生も現れた。5月1日には「有志」による「落書支持」の立て看板が東一条に立てられた。立て看板にはランボーの詩から「見つかった/何が、永遠が/壁と溶け合う/キリンが」。また、純愛主義者同盟による「らくがき断固賛美」のビラもでた。ビラには「大学が、街が、人が明るくなってゆく。危険な、しかし、いきいきとした想いは、解決され合理化され、まぶしい光の中へ」と管理社会の中で落書きなどの表現が弾圧され、消毒されてゆく様を批判している。

追加発言
お名前
(ペンネーム可、全角15文字以内で入力)
固定HNパスワード
メールアドレス
(省略可、半角で入力)
cookie←ここまでの情報を保存するときはここをチェック。
発言
ホーム > 談話室 > 雑談 > 吉田寮祭