京都大学ポータルサイトサイトマップ問い合わせ

談話室

ホーム > 談話室 > 雑談 > 誰でも入れる大学の存在意義

誰でも入れる大学の存在意義


1. 山本圭三 2006/07/26(水) 13:50:14
今や私大の4割は定員割れ。定員とほぼ同数のとこを含めると私大の半分ぐらいは誰でも入れる状況にある。
大阪学院大学のようなところはいったい何のために存在しているのか?

2. a 2006/07/26(水) 13:58:41
お前みたいな人間の方が何のために存在してるのか分からないよ、クズ野郎。

3. ↑↑ 2006/07/26(水) 14:12:06
オーバードクターを収容するために決まってんじゃん

4. 風祭 2006/07/26(水) 16:49:01
龍谷とか京産とかはまだ「誰でも入れる」とこまではいってないんだろ?

5. シン 2006/07/26(水) 17:09:38
大学は入学のためにあるのではない
学問のためにある

6. 2006/07/26(水) 19:57:35
一部の大学はね

7. セト 2006/07/26(水) 20:00:29
私学は金儲けのために

8. パウロ 2006/07/26(水) 20:20:09
また司祭のために

9. 高卒 2006/11/01(水) 21:08:48
とりあえず今年は中卒が大量発生するので、
収入も激減→淘汰されるいい機会かもしれませんね。

追加発言
お名前
(ペンネーム可、全角15文字以内で入力)
固定HNパスワード
メールアドレス
(省略可、半角で入力)
cookie←ここまでの情報を保存するときはここをチェック。
発言
ホーム > 談話室 > 雑談 > 誰でも入れる大学の存在意義