京都大学ポータルサイトサイトマップ問い合わせ

談話室

ホーム > 談話室 > 雑談 > 理解と希望

理解と希望


1. 2007/03/03(土) 23:37:51
人間同士に、理解など存在しない
理解できたとしても、それを完全に伝えることなどできはしない
お互い理解した振りをして、自分の知識の枠の中にあてはめていくしかない
理解を求めるからすれ違う
理解可能と思い込むから誤解する
盲目的な黄金律は、他人を傷つける
かといってそれが盲目的でないと誰が保証できよう?
かつて強制収容所に囚われた人々
一番彼らが多く死んだのが、希望にあふれるクリスマス
クリスマスくらい帰してくれるだろうと信じ込んでいたから
希望を裏切られ、絶望したから
そんな希望、最初から持たなければよかったのに

2. ちんこ 2007/03/04(日) 00:18:34
で?

3. 2007/03/04(日) 01:05:07
理解が存在しないのではなくて、
それは理解しようとしてないだけです。

あるいは自分と他人の違いがまず存在することを理解してないだけです。差異の存在がわかっていれば、
他人の言葉の意味を勝手に決めつけたり、そこへ根拠のない否定、罵倒を発することもない。言葉の意味について合意をとっていく落ち着いたコミュニケーションがとれるはず。

4. ひめ 2007/03/04(日) 22:35:54
>あるいは自分と他人の違いがまず存在することを理解してないだけです。差異の存在がわかっていれば、
>他人の言葉の意味を勝手に決めつけたり、そこへ根拠のない否定、罵倒を発することもない
自分と他人を男と女に置き換えるとよくわかる。
そうにゃ、気付かないでごめんにゃ・・・。

5. 2007/03/05(月) 01:36:10
誤解したまま4月から逢えなくなるとつらいねー。

追加発言
お名前
(ペンネーム可、全角15文字以内で入力)
固定HNパスワード
メールアドレス
(省略可、半角で入力)
cookie←ここまでの情報を保存するときはここをチェック。
発言
ホーム > 談話室 > 雑談 > 理解と希望