[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 483: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 112: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 112: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/bbcode.php on line 112: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/functions.php on line 4288: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /includes/functions.php:3493)
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/functions.php on line 4290: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /includes/functions.php:3493)
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/functions.php on line 4291: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /includes/functions.php:3493)
[phpBB Debug] PHP Notice: in file /includes/functions.php on line 4292: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /includes/functions.php:3493)
kyoto-u.com - トピック - FREENOTE in kyoto-u.com
ページ移動:  



新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 199 件の記事 ]  ページ移動 1つ前へ  1, 2, 3, 4, 5, 6, 7  次へ
 FREENOTE in kyoto-u.com 
作成者 メッセージ
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
フライデーの石川梨香やばいくらい可愛くて、しかも巨乳w
可愛い、美人、グラマラス。3拍子揃った女はなかなかいないよ。

あとアサヒ芸能の巻末カラーの有川知里【爆乳秘書の奇跡】、やばいくらいエロいww
眼鏡巨乳秘書のコスプレやばすぎるwwwwww


2011年1月11日(火) 20:49
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
ミニスカ、白ブラウス、
眼鏡が弾け飛ぶ寸前。
肉感IQ極めて高い
97㌢Iカップは、
解放される時を、
扇情的な圧迫感と共に
待っている。


↑ってアサヒ芸能のグラビアに書いてあったんだけど、
詩のクオリティ高すぎて感動したわww
アサヒ芸能の記者詩人すぎるwww


2011年1月11日(火) 20:54
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
あーあ、 ひなぎくノート


2011年1月12日(水) 18:43
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
皮質容積が拡大するのはいいが、トレーニーは疲労しているから、やればやるほど頭が良くなるというわけでもないだろう。結局エンジニアリングなんだよ。


2011年1月23日(日) 21:09
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com


2011年1月30日(日) 23:01
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com


2011年2月02日(水) 19:03
通報
セミプロ

登録日時: 2011年2月02日(水) 21:02
記事: 22
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
せやな


2011年2月02日(水) 21:06
通報
プロフィール プライベートメッセージ送信
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
>今回の件も、自分が低身長だからこそ、相手が高身長でないと背の高い強い子孫を残せる確率が低くなると考えられるので、
>高身長女性を求めることには進化生物学的に正当性があると言えるのではないでしょうか。

正当も何も好みの問題だなあ。 :lol:
俺は身長よりも容姿にこだわる。
低身長美人>>>>高身長普通 :lol:


2011年2月03日(木) 07:01
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com


2011年8月21日(日) 11:43
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
よくある話だな。


2011年11月27日(日) 14:50
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
https://twitter.com/#!/dairuitte

↑もうなんなのこの人。
さっそくアキラさんフォローしてるし・・・
僕が他の人のtwitter紹介する度にその人を急造アカでフォローする。
それも、すべて僕にかけたアイコンを使う。
綾香とか子犬とか、あと以前僕と喧嘩してた@moripongにちなみ、森周平とかいうアカを作ったこともある。
moripongの口癖である「~なう」をもじってたんだろう、名前は「バスケットNao」。

ちなみに今回の雪山は僕の白髪にかけたもの。
→https://twitter.com/#!/InfiniteLeaves


2011年12月06日(火) 15:19
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
スーパーのレジ打ちにバイト就職することになりそうです・・・

バリバリやるような形態があるのかは知りませんが、
パートのおばちゃんがやっているものを想定しています。

目痛のためパソコンを長時間使えない、匂いや音に過敏なため工場や肉体労働系は無理、
調理系は夜遅くなるし、運送は免許持ってないしすぐに腰痛める体質なので無理、
コミュニケーションに難ありのため本格的な接客は無理、と、現代社会における
ほとんどあらゆるすべての職種を否定しているところ、
ふと近所のスーパーのレジ打ちの人が思い浮かび、できるんじゃないかな、と。

知恵袋にて質問。
打ち込むのはできるのですが画面を見て文章や表の細かいチェックをするの
は無理です、と書いたら、許可なしに印刷させてもらえない、
市民オンブズマンから紙の無駄遣いだと苦情が来る、など散々な回答ばかり
もらった。いつも目が充血していますという回答さえあった。。

父親はレジ打ち案(これ自体は僕の提案)に賛成で、
社会を知ることで目指したいものが見えてくるかもしれない、
とのことだけど、見えてきそうにはとても"見え"ないw
むしろただの時間の浪費だろと僕が言うと、パソコン使わないインテリ職など知らん、ぐるぐる考えていても仕方ないから働いてみろの一点張。


うぅ・・・


2012年3月02日(金) 21:17
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
混乱してる。

今母親と話してたら、レジ打ちと結婚する女はいない、と。
あくまで通過点としてお金稼ぎのためにやるのなら可だけど、一生ものは×、らしい。

昨日の父親との話では、「レジ打ちのフリーター、
あるいはそこから正社員になる、または他のコンビニや書店等の
簡易接客系に移って働くなど、可能性として考えられるのはそれくらい
なんだけど、それらの職種ゆえに恋愛や結婚に
不利になるということはないだろうか?」と聞くと、
「職業より人間性が大切、そういうもので差別するような女はそこまでの女だ。」、
と言われていたので、この真反対の回答をどう考えたら良いのか悩んでいる。

ネットでは特に、男の社会的地位について一家言ある人たちの意見が溢れて返っており、
口には出さずともだいたい皆それが本音なのかなー、とそれとなく思っていたのだけど、
改めて考えてみると、まったくシンパシーが湧かないことに気づいた。

僕が女なら、地位のある男より一緒にいて心地の良い時間を過ごせる男や、
知的好奇心を刺激してくれる男、そしてできればイケメンの男を選ぶだろう。お金など最低限あればいいのであり、なにが好きで余剰分を求めるのか理解できないのだ。
まして、医者や弁護士の女なら、お金はたくさんあるのだから、
同業者や一流企業の男と結婚しなければならない理由などないはずだ。

母いわく、「仕事で尊敬できないと難しい」とのこと。「NPOを作るために資金を貯めている、とかさ。」
NPO?とはわざわざ聞かなかった。例として挙げただけ、と返されるのがいつものことである。

ともかく、女には、大きなことをしている男に惹かれる習性があるらしい。

最近では、経済に興味があるのか、しきりに株の本や日経新聞を買ったりしている母。

金、権力、事業。
男の望みとは、女の望みに端を発しているのではないか。鶏か卵か。


2012年3月03日(土) 20:20
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
REDという光が使われていて、それが目に負担をかけるらしい。
黄色いサングラスをかけるとREDをすべて遮断できるんだって。
やってみるしかないではないか。

それでダメならすっぱり事務系は諦めよう、と思っていたところ、
よく見ているブログにてブログ主さんが、
技術系翻訳の仕事っていいんじゃないかな、というエントリを書いていた。
もちろんパソコンを使うけど、役所の事務作業みたいに、
こっちをチェックし次はこっち、と忙しい使い方じゃなくて、
このページを翻訳しましょう、と一箇所に腰を据えてじっくりする作業なんじゃないか。
そうだとしたら、コピーを最初とれば、後はそのコピー用紙を見ながらじっくり翻訳、
というスタイルで働かせてもらえるかもしれない。
(打ち込むのは平気で、ウェブ上でじっくり読んだり細かいチェックをするのが苦手なのだ)
これは要チェックだ。

ところでまったく話は変わるのだけど、AKB48は相変わらずヤフコメで批判されまくっている。
ファンも多いけど、抵抗勢力もすごく大きいグループらしい。
僕は、その理由は、言ってはなんだけど、
彼女たちが "ビミョー" な女の子たちだというところにあると思う。
栄48、難波48、博多48、さらにはジャカルタ48とネタ的な色彩を帯びている48グループだけど、グループグループで、まるでわざとビミョーどころ
を狙っているかのごとく、これでもかとビミョーな女の子を揃えている。
ああいう、見ているこちらが恥ずかしくなるようなダンスとか歌を3,40代にも受け入れられるようにするには、
(2ちゃんは30代が一番多いらしいけど、ヤフーもたぶんそう)
新垣結衣や石原さとみ、上戸綾や北川景子などのような、
美しさと可愛いさを兼ね備えたトップレベルのアイドルを揃えないと。
言ってはなんだけど、いまは可愛いけど将来はフツーの
おばさんになりそうな子ばかり集めてる。
可愛いさと同時に凛とした美しさを持ってる
女の子を集めないと、おっさんたちの心は開かない。

いつまでAKBワールドを展開し続けるのもなんだし、
そろそろトリのグループをプロデュースしてはどうか。

JPN48などいかがか。


2012年3月07日(水) 20:51
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
、お前はアスペルガーっぽい、という。
なんでも、こだわりが強いところや音に過敏なところがある、とか。
そして、この本にチェック表があるからやってみろ、と言う。

「あんた、そんなものを信じているのかい。
たとえば、不安の強い人間、孤独が好きな人間なら、
アスペでなくとも高く出るようになっているんだヨ。」

と僕。

アスペの中に一人を好むものや不安を感じる体質のものが多いからといって、
逆は真ならず、である。当たり前のこと、論理学の基礎の基礎であろう。

やっかいなのは、スペクトラム(連続体)という考え方。
糖尿病のインシュリンのような、アスペと健常者を明確に分ける基準は存在しない。
健常人にも程度の差こそあれ、アスペ的なところはあるのだが、
それが大きく社会生活に支障が出るようであれば、
疾患として取り扱いましょう、だいたいそういう考え方である。

だけど僕はこの考え方は甚だ疑問である。
たとえば、アスペの大きな特質とされている、
相手の心が読めない、という特徴について考えてみる。
誰であれ相手の心が分からないことはあるし、数々の状況を踏む中で学習していく、となろう。
でも、学習する機会をふんだんに経験してきているにもかかわらず、
心の理論を獲得できてないとしか言いようのない症状を持つ人がいる。

大人になっても、相手が楽しそうにするでもなく、相槌を打つでもないのに、
一人で延々と話し続ける人。こんなに話をするのだ、
話をするのは好きだろう、これまで話をしてこなかったわけではあるまい。
つまりその人は、話をするという、
相手の心を学習する機会をふんだんに踏んできているわけである。
しかし、相手が興味のない話を聞かされ退屈するということや、
さらにはイライラしさえするかもしれないということに、思いが至らない。
自分が同じ話を聞く立場に立てば、すぐに遮って話に割り込むにもかかわらず、である。

こういう例-典型的な例らしいのだが-を考えると、
僕は連続体仮説は実情にそぐわないな、と思う。
症状に即して考えれば、やはりアスペというのは特異的な疾患だと思う。

おそらく、スペクトラムという概念の背景には、家族研究等によって、
遺伝的背景が推察されていることがあるのだと思う。
典型的なアスペルガーの両親を調べると、
上にあげた一人が好き、他の人間と行動したがらない、
あるいは機械が好きであるとか、そういう
特性を持った親、家系が多いと言われている。

ここで、なんとも珍妙な現象を報告しておきたい。
コミュニケーションに難がある人間は、その由来が心の理論にあるのか
、あるいは対人不安にあるのか等、そういった分析なしに十把一括りに
アスペ、アスペっぽい、などと形容されるのにもかかわらず、
物理や数学がすごく得意であることを指して、
そんな風に形容されているのは聞いたことがない。
遺伝的背景に即して考えるなら、アスペルガーの近親者にはエンジニア気質の人間が多い。
アスペルガーは理系が文系の6倍だという話も聞いたことがある。

それではなぜ、物理や数学が得意で機械に
詳しいというだけではアスペ系などと言われないのか。
対人不安も機械的な思考も、共に遺伝的に、
アスペルガー症候群に近い(あるいはその可能性が高い)と考えられるのであれば、
同じアスペルガー・スペクトラム的な要素として対等に扱うべきであろう。

要するに、 "アスペ" が他人を軽蔑するための方便となってしまっているのだ。

物理が得意、機械に詳しい、これらはなんらマイナスの要素ではなく、
むしろプラスである。だからわざわざアスペと言って蔑視する理由がないのである。
しかし、コミュニケーションが変である、動きがぎこちない、
などと言った特質は蔑視に値する、というわけであろう。
本人は学術的にも認められている事実を言っただけだ、と反論するかもしれないが、
それならば、数学や物理好きの人間に対しても等しく喧伝しないのはなぜか。



アスペルガー症候群の生みの親、ハンス・アスペルガーは、きっと天で嘆いている。


2012年3月08日(木) 19:01
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
やはり、美人だなあ :lol:


2012年3月09日(金) 21:43
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
今日はなんかずーっとぼーっとしてて、だからって外は雨なので気分転換に
日課のウォーキングもできないし、適当に週刊誌をパラパラとめくっていた。しかし相変わらず天気は晴れずモヤモヤも "晴れ" ないので、
業を煮やした私、日の暮れかかる6時過ぎについに一大決心をする。
小雨を押してウォーキング決行だ!

はじめは天候のせいか、はたまた普段と時間帯が違うからか
(普段は2時か3時過ぎに犬を連れ散歩する。)、
なかなか気持ちが乗ってこない。
義務感でごまかして、ひたすら前進。

15分立ったくらいだろうか、
不思議と脚が進む進む、動かそうとしなくても勝手に動く。
ランナーズ・ハイというけれど、ウォーキング・ハイだってあるんである。

そのまま残り15分くらい爽快に歩いて計30分なり。
歩く前とは打って変わり、相変わらず天気はどんより曇り空だけれど、
心はテキサスのような青い空となったのであった。

ウォーキングはさながら、心を最適な状態にしてくれる魔法の薬であるよ。


薬といえば、私は1昨年の10月から昨年の1月中旬ころまでの約3ヶ月の間
精神科に通っていたのだけど、抗うつ薬というのは本当に違和感のある薬だったよ。
異物を脳に入れているのが実感としてハッキリと感じらる。
コーヒーなどは同じ量だとほとんど何も感じなくなるけど、
抗うつ薬ははじめてコーヒーを飲んだときみたいな違和がずーっと薄れない。
耐性がつかないというのだろうか。それが異様な感じがして、
しかも症状(強迫観念)は取れないし、
やけにふわふわした感じになるものだから、
途中からもう辞めたくて仕方なくなってきて、
意を決して「治らないので治療を止めようと思います」
と先生に言って、無事抜け出せたのだった。

今は上で挙げた "魔法の薬" に、大塚製薬が出している米国産の
EPA+DHAの大粒をお湯で溶かした "油湯" の二刀流で過ごしているけど、
昔に比べたら結構落ち着いている気がする。
やっぱり自然療法に勝るものはないと思うのであった。

それにしても、最近書店でマンガで分かる心療内科とかいって、
気軽に門を叩きましょう、みたいな "啓蒙活動" がなされている
のを見るにつけ、英国では軽度うつには抗うつ薬ではなく
運動が薦められているとか、臨床試験の4割で抗うつ薬はうつ病に効果なしとされた報告があるとか、そういったことをすべて知らされないまま抗うつ薬を飲まされる患者さんが不憫で仕方がないよ。以下は私と医師の会話より。


私「ウィキペディアには、この薬は前頭前野でドーパミンが増えると書いてあったのですが・・・」

医師「フッ・・・w 医者の言うことよりウィキペディアを信用するのはどうかと思うよ(笑)」


インフォームドコンセントなんて言われているけれど、
こんな権威主義的なシーラカンス医師に出会わないともかぎらないんである。
それとも、わたしの運が悪すぎただけかなぁ・・・

あるとき医師の質問にうつむきながら「え~っと・・・」と考えている私。
出してもらう薬がどう答えるかにより変わることが分かっていたので、
慎重になってつい下を向いて考えがちになっていたところへ、医師が一言。


「下を向いていても寄ってきてくれるのなんて、犬だけですよ(笑)」


個人の例を一般化するのはダメだって分かってるけど、ゴメン、言わせて。


精神科、だめ、絶対。


2012年3月09日(金) 22:31
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
いつも世にはばかるのは鈍感な人たちである。

ネットというところは比較的センシティブな人
たちが多いという印象はあるけれど、
加護ちゃんに対するヤフコメを見ていたら、
やはりネットも鈍感な人たちで埋め尽くされているんだなぁ、
と改めて思ってゲンナリしてしまった。

自殺企図に対して「死ぬ気はないでしょ」なんて他人事のようなコメントや、
「皆関わりたくないと思ってる」という冷酷で非人道的なコメントが
"そう思う" をすごく稼いでるのを見ると、
怒りを通り越して寒気がしてくるのだった。

また、これはヤフコメではなくどこかのまとめブログなんだけど、
光市母子殺人事件の裁判で死刑判決が出たことについてのニュースで、
そこのコメント欄が、亡くなった母親の夫に対しての
賞賛や共感で埋まっていたのもすごく感じが悪かったよ。
殺人犯とはいえ、一人の人が死ぬことが決まったというのに、
それに対してはほとんど何も語られていないという異様さに、
すぐにそのサイトから逃げ出したくなった。

加護ちゃんに人間とは思えない言葉を浴びせる人たち、
また殺人者には心などないかのように関心さえ向けない人たち。
こういう人たちだってもちろん、暖かい感情はあるんだろう。
まとめブログの人たちで言えば、裁判を闘いぬいた遺族の人に
共感しているからこそわざわざコメントをするわけで、
むしろ人間味に溢れた人たちとさえ言えるかもしれない。
でも、いくら殺された家族のためとはいえ、
結果としては一人の人間を死に追いやっていったことも確かなのであり、
それを第三者が遺族の方にだけ感情移入して、
感無量とさえ言えるほどの共感をしている様は、
お世辞にも気持ちのいいと言えるものではなかったよ。


結局こういう人たちは、自分が共感できる人にしか共感しないのだろう。
母子殺人については、たとえば生い立ちやトラウマなどを元にして、
辛いがゆえにやってしまった、みたいな同情論が
簡単に成立していいはずはない。
そんな心の闇とかトラウマの物語などに
単純に回収されてしまっては、それこそ被害者は浮かばれないだろう。
だけど同時に、生きる価値なしと切り捨てるのもおかしい。
そういう発想は、自分は絶対に人殺しをしない
正常者であるという盲信ゆえのものだと思う。
いつ交通事故で頭を打っておかしくならないとも限らないし、
何かの薬の副作用で錯乱状態になって殺してしまうかもしれないし、
特別なことなく、いつの間にか理由なき殺意で溢れてしまうかもしれない。
彼らは、自分は今も、これから先もずっと正常で善良
な人間だ、となぜか盲信しているみたいなのだ。

ましてリストカットなんて、もっと身近だろう。
リストカットを、他人にかまってほしいだけとか
平然と言ってしまえる神経が分からないよ。
ならあんたも、人に気をかけてもらいたいときに、
同じように手首を切るのか。
相手の身にちょっとでもなろうとするなら、
そんな発想はでてこない。
常識から外れるやいなや、「臭い物には蓋をせよ」
よろしく思考停止しちゃうんだろうな。

そんな人たちが幅を利かせている世の中で、
そこから弾かれる人たちを支えるべき心の専門家は
上に書いたような体らくだとしたら、
傷つきやすい人たちはどこで心を休めればいいのだろうか。


2012年3月10日(土) 21:28
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
今日は本屋さんに本を買いに行っていた。
「神様のメモ帳2」を購入。
ラノベを漫画化したもので、
僕が買ったのはもちろん漫画だ。
ナイチチのニートの少女が登場するのだが、
どうしてなかなかに萌えるのである。
お薦めしておきたい。

そして帰りに、スポーツ新聞を買いにコンビニに寄ったのだが、
そこにニート少女とは対照的な、背も図体も胸もすごくデカい女がいた。
背が高い女性はそれだけで魅力があるということは、
削除済みであるものの以前述べた。

しかしその女は少々高すぎであった。
10cmくらいあっただろうか、
クソ高いヒールを履いていたので、
頭の位置は僕の遥か上にあり、
そのことが僕の劣等感を刺激した。

しかし同時に、僕は彼女に欲情した。
少なくとも僕においては、
劣等感と欲情はかなり密接な関係にあるのだ。
劣等感を感じるからこそ、征服したいという気持ちが芽生える。

女は胸はもちろん、全体的に肉付きがすごく良くて、
170に50のガリガリの僕としては、完全に敗北した気分だった。
悪く言えば太っている、ということになるだろうけど、
小向美奈子のAVが大売れする世なのだ。
あの女が脱いだら迫力は小向の比ではない。
なんせ、小向が155のところ、女は167,8はあったのだ。

女の顔は美人でもなんでもなかったし、
話の中身は聞き取れなかったけれど、
人を小馬鹿にしたような声でケラケラと笑っている様は、
お世辞にも品があるとは言えなかった。

にもかかわらずそんな女に欲情し、
叶うことなら押し倒したいと確かに願った。


そして僕の劣等感は、身体的なものだけではない。
学歴や知性、センス、地位など、多岐にわたっている。
社会に出て女と交わるということは、
それら劣等感が彼女たちを通して
前景化してくるのに対峙するということでもある。

そんな "劣等感をめぐる冒険" がいかなる着地点を
見出すのかは分からないが、劣等感を刺激されるのを恐れて
心を波立たせる彼女たちから "逃走" しないように自戒したい。
少々ぶっそうでも、 "闘争" する心構えで彼女たちに挑みたいのだ。


なんといっても僕は男なのだから。 


2012年3月11日(日) 21:42
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
人はよく過去を振り返り、
あのときのあの経験が今の役に立っている、なんていうことを言う。
だけど、その経験がなければ、代わりに別の経験をしたりして、
もっといい今になっているかもしれない。
結局、過去に戻って2回生きて比べてみないと、
その経験のあった人生、なかった人生の、
どちらの人生がいいかなんて分からないと思う。
ちょっと冷めすぎているだろうか。



もう4年も前になる。
京都で一人暮らしをして学生生活送っていた僕は、暇を持て余していた。
友達はまったくいない、いわゆる "ぼっち" だったのだ。

だった、と言うと今は非ぼっちかというと、今も相変わらずぼっちである。
しかしながら、同じぼっちといえど、
誰一人話をする人のない一人暮らしぼっちと、
友達はいないといっても話をする家族がいる実家暮らしのぼっちとでは、
その内実は天と地ほども違う。
それが、2種類のぼっち生活を体験した僕の本音である。
さながら、 "真性ぼっち" と "仮性ぼっち" か。

この世界にただ一人生きているような心境の日々で、
読書や勉学、娯楽など、何ひとつ身が入らなかった。
書店や図書館に行き漠然と本を読む日々を続けていたが、限界だった。

そんな折、夕食に居酒屋にぶらっと入った。
そこは、萎れたような生活をしていた僕にとって衝撃的な空間であった。
止むことのない話し声。
横の席を見れば、人が人に目を輝かせながら、何かを伝えようとしている。
人間というのは、こんなにも生き生きとしたものであったのか。

人と交わらねばなるまい。
そう思った僕は、アルバイト雑誌を手に取った。
すると、その居酒屋と同じ系列の別店舗が、ちょうど募集をしていた。
ここで働くべきだ。そう言われている気がした。
僕はしばらく逡巡しつつも、思い切って電話し面接を取り付けた。
やってみると意外に簡単だな、と思ったことが印象に残っている。

そして面接も拍子抜けするほど簡単なもので、
行って話し始めたそばから、「じゃあこの日来れる?」と店長。

合否出るの早っ!

人手を確保するために誰でも取ることにしていた、
というのが実際のところだったのだろう。

そんなわけで、とにもかくにも、居酒屋で働くことになった僕。
まったく知らない世界に飛び込むのだ、
新しい環境に戸惑うこともあるだろうと多少は思っていたけれど、
実際は、予想を上回る驚きの連続であった。

たとえば、テーブルに皿を運んで行くという、
一見なんでもない仕事も、とても苦労した。
テーブルにはすべて固有の番号が振られていて、
それらをすべて覚えなくてはいけないのだ。
まず覚えてから、覚えているかテストして、
覚えているのを確認してから初めて実際に運ぶ仕事を与える、
というのが手順だと思うのだけど、
なんと、いきなりぶっつけ本番。
その都度その都度、先輩に、○○番は一番奥の左だよ、
といった風に指示を受けて運んで行く。
もちろん、そんな、それこそ右も左も分からないはじめのちは、
なるだけ空いている時間帯に入らせてもらうように配慮してくれたのだけど、
それでも客足というのは予想のつかない
ものだから、いきなり注文が立て込んだりする。
そうすると、早く捌いていかなければならないのに、
僕が遅いがために、運ぶのが追い付かずに料理が溜まってきて、
キッチンから、遅いぞ、と罵声が飛んでくるという悲惨な状況になるのだった。

また、洗いものも手早く大量に片づけないと、
これまたキッチンから罵声が来る。
早く洗い乾燥させてまた使える状態にしておかないと、
キッチンの人が盛る皿がなくなり、
本来盛るべき皿とは違う皿に料理を盛らなければならなくなるのだ。

客が多いときは、洗っても洗っても、
次々に食べた後の食器が送られてきて、
洗わなくてはいけない食器は、減るどころか増えていく。
そして業を煮やしたキッチンの人が厨房から出てきて、
もう俺がやるわ、休んできていいよ、とキレ気味に言われる。

こんなザ・体育会系的ノリが、僕に合うはずはなかった。


そんなこんなで、 "就労体験" としては散々だったのだけど、
悪いことばかりではなく、甘い思い出もあったりする。

色々な人に指導を受けたけれど、
中でも、ある社員の女の店員の人に一番お世話になった。
少し鼻にかかった甘い声が忘れられない。
キッチンでなくとも、軽い盛りつけはするのだけど、
よく、彼女と一緒に惣菜を盛っていた。
そんなとき、僕たちは声を交わすでもなく、
黙々と盛る作業をしているのだけど、
そんな折、ふと彼女が視界に入ってきて、
あわや目が合うのではないか、などと思うと、
なんともドギマギして気まずいのだけど、
同時に、なにかすごく甘酸っぱい気持ちになるのだった。


あるとき、僕が料理を運んでいると、
スーツ姿の女性が店の階段を降りてきた。
僕は客と思い、いらっしゃいませと挨拶をする。
すると、「わたしだよ~」と言って笑う女性。
ああ、先輩だったのか。
僕は照れながら会釈した。

仕事を終え、帰り支度のために店員専用の部屋へ。
そこに先輩がいる。
たばこを吸いながら、女性がよくするように、
膝から先を横に倒して座っている先輩。
ギリギリのところだったけど、ちょっとだけ見えたのは秘密。
でも、そんなことはさして問題じゃなかった。
パッツンパッツンになっている、はち切れそうなスカート。
地面にふしだらに投げ出された、艶めかしく伸びた2本の脚。
頽廃的にたばこを吸う様に、
黒いスカートと絡みつくようなタイツ。
醸し出される雰囲気は妖艶というほかなく、恐ろしいほど刺激的だった。


付き合ってる人がいるんだけどさぁ、と彼女。
「別れたいんだよねぇ・・・だけど、泣かれました、別れないでくれって。」


あなたみたいな女なんて、そういないからね、と心の中で僕。





思うに、経験とは思い出にすぎない。


僕の居酒屋での就労体験も、
あの経験が今の僕にどう繋がっているかなんて、神様にしかわかるまい。

もうだいぶ時が経つこともあり、
あの過去は、まるで灯篭の揺らめきのように
ぼんやりとしたものになっている。

だけど、あのときの先輩のことを思い出すと、今でもゾクゾクするし、
笑顔の先輩を思い出すと、今でも心がほんわかと暖かくなる。


あの人に逢えて本当に良かった。


2012年3月12日(月) 21:23
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
ここ数日、 "知恵袋をめぐる冒険" にかかりきりになっていて、
極度の眼精疲労と頭痛という代償を払ったものの、
それに見合うだけの大きな果実-それも2つも-を得ることができた。


Yahoo!知恵袋の投票制度を批判するナルシストたちがやるべきことは、
「完全無欠の絶対的なベストアンサー」を書き続けることだ。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n25237


これはちょっとすごい。
正直、真似できそうにない。

実はこの人は、内容から察するに、kyoto-u.comの元コテで、
オフ会で会ったイケメンの人だと思っているんだけど、
書き込みをしていたときは短文ばかりだったあの人が、
まさかこんな深みのある長文を書いているとは。
(短文にも独特の深みがありましたが)



そして、僕に粘着していた人が、伝説のコテ「きくこ」だったとはww
今は消されたけど、僕の質問に回答してきた文体がきくこそっくりだったのでサイトに個人ページに行ったら、似たような質問がずらり。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa ... 1483623929


名前に "ゆう" とあるのは、
僕が別トピで山田優を賛美していたのを受けてのことだろうw
(いつもこういう当てつけみたいなことをしてきていた)



それはそうと、山田優結婚しちゃいましたね(涙)
まぁ、お幸せに、と言っておきます。


2012年3月18日(日) 21:40
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
↑FREENOTE in kyoto-u.com
ひなぎく

ブログを新しくつくた。

立命中退のニートが国税専門官をめざすBlog
http://d.hatena.ne.jp/kyle-dunamis/


今回は何ヶ月つづくのか・・・
いちおう、来年の試験まで続けるのが目標


2009年11月14日(土) 18:06


2012年7月28日(土) 18:07
通報
引用付きで返信する
投稿記事 Re: FREENOTE in kyoto-u.com
ここにも、 某 頭の回らない研究者が・・・


2012年7月31日(火) 23:00
通報
引用付きで返信する
投稿記事 
性行為とはある種の暴力である。もし誰かがそう言ったとして、おそらく僕たちはただ頷くしかない。性行為を、単に愛情を確かめ合うだけのものであると思っている「善良な市民」なんて、3流メロドラマの脇役にしかなれないに違いない。そんなことはとうの昔に、あまりに当たり前で否定しようのない認識論的事実として、僕たちの間に膾炙しているのだから。

そう、そんなことは当たり前、散々目にしてきた「ガイシュツ」にすぎないのだ。だから、文脈にもよるから一概には言えないところはあるけれど、もしも身近にいる人がそんな発言を大上段から言い放ってきたとしたら、心の奥でほくそ笑むくらいはきっと許される。

でも、しばしばその暴力性と、いたわりやしとやかな愛情が、ときに正反するものとして感じられるということ。このことについては、考察する余地があるのではないだろうか?野獣のように狂おしく求めあっている男女の間に、しとやかな愛情を感じることは容易ではない。また、いかにも円満といった夫婦が抱き合っている姿に無理にでも暴力性を見ようというのなら、それはいささか空論じみてはいないか?

ここらあたりで反論があるかもしれない。そんな極端な例を出しても仕方がない、というしごく「まっとうな」反論が。暴力的な激情もあり、しとやかな愛情もある、あるいは、それらがモザイク状に混在し合うといった風な、両要素を包括したものとして捉えるといったような態度。おそらlく、意識的であれ無意識的であれ、一般的には、そういった認識がなされているだろう。

しかしそういった「相対化」は、その実、何も言っていないも同然であると、僕は思う。どういうことか?

僕は、人の認識とは究極のところ、「一瞬において具現する」しかない、そんな風に思っている。そしてその都度「審判」されるべきである、と。何によって?神でも仏でもなく、自らの内省と沈黙によって。

"ときに" 暴力的に求めつつ、"ときに" いたわってもいる、そんな安易な相対化からは、たとえば「獣でもあり人間でもある」といった風な陳腐な定式化にしか連ならない。そんなものは「善良な市民」と同じく、形骸化した概念にすぎないだろう。

おそらく、「時間」とは、人を自らの裁きの手から逃れさせるぬるま湯のようなものだ。だとするなら、僕たちは相対化を「禁欲」し、時間軸を超越した地点に自ら立たねばならない。


「あなたは "今" 、目の前の女性を "いたわっていますか" ?」

激情に駆られて女体を求めている男は、そう問われなければならないはずだ。


2012年9月02日(日) 15:07
通報
常住者

登録日時: 2011年1月12日(水) 09:21
記事: 142
引用付きで返信する
投稿記事 
削除


最後に編集したユーザー Minorin_Lover [ 2015年1月29日(木) 12:50 ], 累計 1 回



2012年11月16日(金) 20:45
通報
プロフィール
常住者

登録日時: 2011年1月12日(水) 09:21
記事: 142
引用付きで返信する
投稿記事 
削除


最後に編集したユーザー Minorin_Lover [ 2015年1月29日(木) 12:49 ], 累計 1 回



2012年11月16日(金) 22:32
通報
プロフィール
常住者

登録日時: 2011年1月12日(水) 09:21
記事: 142
引用付きで返信する
投稿記事 
削除


最後に編集したユーザー Minorin_Lover [ 2015年1月29日(木) 12:49 ], 累計 1 回



2012年11月18日(日) 15:12
通報
プロフィール
常住者

登録日時: 2011年1月12日(水) 09:21
記事: 142
引用付きで返信する
投稿記事 
削除


最後に編集したユーザー Minorin_Lover [ 2015年1月29日(木) 12:47 ], 累計 1 回



2012年11月19日(月) 12:27
通報
プロフィール
常住者

登録日時: 2011年1月12日(水) 09:21
記事: 142
引用付きで返信する
投稿記事 
削除


最後に編集したユーザー Minorin_Lover [ 2015年1月29日(木) 12:46 ], 累計 1 回



2013年2月08日(金) 21:06
通報
プロフィール
常住者

登録日時: 2011年1月12日(水) 09:21
記事: 142
引用付きで返信する
投稿記事 
削除


最後に編集したユーザー Minorin_Lover [ 2015年1月29日(木) 12:45 ], 累計 1 回



2013年2月10日(日) 22:49
通報
プロフィール
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 199 件の記事 ]  ページ移動 1つ前へ  1, 2, 3, 4, 5, 6, 7  次へ

ページ移動:  


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[7人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

ページ移動:  
cron
Powered by phpBB © 2000, 2002, 2005, 2007 phpBB Group.
Designed by Vjacheslav Trushkin for Free Forums/DivisionCore.
Japanese translation principally by ocean

前のページへ  | ページトップへ