kyoto-u.com on twitter

staff名でtwitterアカウントをとりました。
http://twitter.com/kyoto_u_com
他のスタッフの皆さんへ、自由に書いてください。
京大生皆さんへ、自由にフォローしてください。
たぶん、書き込むことはほとんどありませんが、
他の京大生を見つける手がかりにはなるかもしれません。

カテゴリー: 出来事 | 1件のコメント

新談話室、ようやく公開!!

念願だった新談話室がようやく公開の運びとなりました。
前の記事で書いたように今回はphpBBを利用しました。
おかげでほとんどコードを書くことなく様々な機能が追加されました。

  • 絵文字が使えます!
  • ファイルが添付できます!
  • プライベートメッセージが送れます!
  • 一つのトピックのメッセージ数が無制限に可能!
  • トピックの分割や移動が可能!
  • ユーザーに管理機能を部分的に譲渡できます!

初めて利用する人のために、使い方講座のトピックを立てました。
気が向いたら更新していきます。
とりあえず使ってみてね。
新談話室へLet’s Go!!

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

新しい談話室について

現在、新しい談話室を準備中です。
現在の談話室が作られたのはずいぶん昔のことで、たぶん7、8年くらい前だと思います。
その前のバージョンの談話室もあったはずです。
それをバージョン1とすれば、現在の談話室はバージョン2だと思います。
基本は、どこかからのスクリプトをとってきたものですが、過去の先哲たちが、
細々と修正を加えてきました。
僕がやったのは、機能追加順序は無視して思いつくままに書くと、
(ユーザーへの機能)
・ニュース板、コテハン板の追加
・レイティング機能の追加
・削除件数表示
・サイト内検索ボックスの追加
・過去のトピックリストの表示
・100越えリストの表示
・関連記事検索の追加
・談話室トップへのバナー追加
(管理ツール)
・削除依頼のURLの整理
・投稿された記事一覧
・禁止ワードの追加
・IPアドレスでの検索
・公開プロキシからの書き込み拒否
などがあります。
しかし、もとが、Perlで書かれていて、古いものなので、そろそろ限界かなと。
新しい談話室では、phpBBを利用しようと思っています。
phpとMySQLを利用していて、機能はかなりしっかりしています。
閲覧数が表示されたり、トピックをまとめたり、分けたりが自由に出来ます。
管理が楽になるだろうと考えています。
今まであった機能でphpBBにない機能は今後追加予定です。
今はデザインを変更したり、機能のテストを行っています。
まとまったら、現在の談話室と平行して使えるようにして、
最終的には完全に移行したいと思っています。
お楽しみに。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニュースのコメントスパムについて

新しく入ったスタッフが、アーカイブにあるニュースに多くのコメントスパム及びトラックバックスパムがあることを指摘してくれました。
こんなところ普段見ないからなあ。
よく気がついたね。
kyoto-u.comのニュースは昔はブログを利用していました。
今はウェブ案内の技術を利用しています。
このスパムはブログの方へのもので、今は使われてないものですが、
大量のスパムをほったらかしにするのもなんなので、
すべてのコメントとトラックバックを非表示にしました。
今後はコメントとトラックバックを受け付けなくなります。
まとめて設定の変更ができれば良かったのですが、見つからなかったので、
1件1件、手動で頑張りました!!

カテゴリー: 出来事 | コメントする

最近のkyoto-u.comに思うこと

談話室のトップの広告掲載を自動化するために、プログラムを修正したり、cssを修正したりした。
つくづくkyoto-u.comは大きくなりすぎて管理が仕切れていないと思う。
GIGAZINEでのホリエモンへのインタビューだったかに書かれていたと思うが、
どんな組織でも一人が見られるのはせいぜい150くらいまでだ。
kyoto-u.comの場合、「大きい」というのはユーザーの規模という意味もあるが、
そもそもコンテンツがどこに何があるのか把握している人がいない。
複数の人数で作られ、きちんとした仕様書も作られていないから、
どういう仕組みになっているのかサッパリ分からなかったりする。
それを知ろうと思ったら、一つ一つ調べていって、時にはソースコードを読んだりしながら、
地道な作業が必要になる。
これには時間も必要だし、能力も必要。
linuxもよく分からない人が、学業の片手間にできるレベルではない。
今のサーバーもずいぶん昔から使っているから、そろそろ移行した方が良いとは思う。
だけど、それだけの気力と時間がない。
本当はそうした方がいいんだろうなあと思う。
そしてできずに終わっていく。
他のポータルサイトと同じ運命をたどることになる。
つくづく思うが、大きなものの管理というのは実に難しい。
それが長期間続けば続くほどなお難しい。
例えば、京大取説にしてもpukiwikiのソースコードを修正して作られているが、
今後pukiwikiがバージョンアップされても、簡単にはバージョンアップができない。
pukiwikiのデフォルトの設定以外のところに手を付けた段階で
以後のバージョンアップはほぼ絶望的になる。
うまくデータを移行できればいいが、一度作ったものをそんな手間書けようとは思えない。
京大サイト検索にしてもそう。
バージョンアップしようにも作られたホームページがない。
いつ作られたのか分からないが、機能を見ても時代に合っていないことが分かる。
変化の激しいこの時代、5年も経てば化石のように使えなくなることもざらだ。
無理して使えば、スパム対応に追われるだけだ。
広告管理ツールもとりあえず動くものを作ってあるが、
将来のバージョンアップはほとんど考えていない。
本気を出せば、もう少しきれいなソースコードが書けるだろう。
かといって、きちんと書く気にはもうなれない。
何かを作る時は、これがずっと続いて欲しいと思って作るんだけど、
現実は1年か2年で、この機能が欲しい、これが足りない、これが問題、となる。
バージョンアップがしたくてもなかなかできなかったり、
仕様が古すぎて一から作り直した方が良い物も多い。
何でも大きくなると、「とりあえず動いているからいいか。」で変化しようと思えなくなってしまうのが、
どんなものでも一番の問題だろう。
やる気がそがれてしまう。
いざ、本当に問題になった時に初めて、勉強したり新しく作ったりする。
ドラッカーだったかが、
「この製品を生産していなかったとして、あるいはこのサービスを行なっていなかったとして、
今われわれが知っていることを知っているとして 、それを始めるか」を問うて、
答えがNOならすぐに撤退すべきだと言っているが、まさにこれだ。
もし、kyoto-u.comがなくて、これから京大生のコミュニティサイトを作ろうとしたら、
何をメインコンテンツにするだろうか。
立ち上がった1999年の頃は、情報がアリさえすれば良い時代だった。
情報に飢えていたから。
だから場を提供すればそれで十分だった。
しかし今は質の良い情報が求められている。
信頼できて、短くて、きちんと裏付けがあるもの。
もしくは、短くて、面白いもの。
とにかく、欲しいと思った情報が素早く見つかるというのが必要。
談話室にまとめがなかったり、ランキングが不十分なのはやはり問題だろうと思う。
しかもいろんなところに情報があふれている今は、ユーザーからの積極的な情報提供は望めない。
基本は与えることになる。
これがスタッフの仕事を増やすことになる。
誰も楽しくてやることではなく、義務になってしまう。
こうなるとサークルではなく、仕事である。
実のところ、この「提供者」が誰もいない。
お金にならなければ誰もやらない。
やっても、そんなにはお金にはならない。
結局、誰もやらない。
けれど、みんなほしがっている、そういう情報が実はまだまだあるのだろう。
kyoto-u.comは「コミュニティの場」を提供するという側面もある。
というか、こっちがメインだろう。
しかし、掲示板でのコミュニティというのは、もう時代遅れなのだろう。
2chのような圧倒的な書き込み量があれば、まだコミュニティとして存在しうるが、
1日に1スレッドの書き込みが10件程度ではコミュニティとして不十分という厳しい現実がある。
もっと楽しいことはたくさんあるから、そちらに行ってしまう。
「同じ京大生」としてでなければできない触れ合いというのが、ほとんどないのだろう。
今は世代や地域、立場よりも、興味のある趣味で集う。
京大生として会話が出来る候補としては、講義情報や京大関連のニュース。
あとは、「京大生という自負を認めて欲しくてkyoto-u.comに来ている」人たち。
もしくはその逆で、「なんとか京大生をおとしめたいと思ってきている」人たち。
一体どうしたらよいのだろうか。
高校生には携帯でのコミュニケーションが多数を占めるらしい。
とすれば、もう携帯用のHPを作るしかないのだろうか。
京大関連のニュースや天気予報を作ったり、
携帯用の掲示板を作ったり、
プロフィールを登録できるようにして、互いにメールを送れるようにしたり。
ほとんど出会い系だな。
そういうのが京大生にもいいのだろうか。
よく分からない。
もう少し考えてみる。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

いろいろお仕事しました

今日は何もやる気が起きなかったので、なんとなくいろいろkyoto-u.comのお仕事しました。
とりあえずアクセス解析ソフトawstatsのバージョンアップしました。
無料だけあって、機能が正直いまいちな感がある。
重いし、年ごとの比較がしにくいし、あるユーザーがどんな利用をしているかというのは分からない。
けれど、昔のスタッフが入れたのをそのまま使ってた。
2004年からバージョンアップしてなかったので、今回バージョンアップしたけど、
機能はそんなに変わらなかった。
Google Anlyticsとの併用でなんとか使えるかなという感じ。
今回からblog.kyoto-u.comへのアクセスの解析もawstatsに含めることにした。
そもそも今回のことは、blog.kyoto-u.comへのアクセスランキングがどうも正確じゃない気がしてたから。
ほとんど更新していないはずのブログにどうしてそんなにアクセスがあるんだろう?と。
最初にやったのは、ロボットからのアクセスの除外。
ある程度特定の文字で検索をかければ簡単に除外できた。
それでも1秒間に10ページくらいアクセスしている人がいる。
どうやらRSSリーダーからアクセスしている人がいるようだということが分かった。
これはapacheのログを見ただけではすぐに分からなかった。
これを排除すべきかどうかには異論があるかもしれないけれど、今回は除外した。
それでも不自然なアクセスはまだあって、海外からのアクセスが多い。
単に嫌がらせのアクセスか、よく分からないが、今回は思い切って海外からのアクセスも除外した。
そうしてようやく適正と思える数値がでてきたので、一件落着。
Apacheのログ解析で有料のものにはどんな機能があるのかよく分からないけれど、
今回の件で欲しいなとおもう機能が見えてきた。
・検索用ロボット、RSSリーダー、ブラウザからのアクセスの区別
・アクセスの多いホストが何秒間隔でどれくらいのアクセスをしているのか
不適切なアクセスをどう判別するかは重要だと思いますね。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

障害情報

トップに書きましたように
障害情報
2009年2月21日16:48頃から2月23日19:40頃までkyoto-u.comのすべてのコンテンツにアクセス不能になっておりました。ご迷惑をおかけしました。
そういうことです。
今回、こんなにアクセス不能な時間が長くなってしまうとは当初思いもしませんでした。
最初、21日(土)にあるスタッフがkyoto-u.comが落ちていることに気がついて、他のスタッフにも知らせてくれました。
調べてみると、DNSサーバーが落ちてるだけでなく、IPでのSSHも通らない。
これは、サーバーの再起動が必要なので、wadaxにまかせるしかない。
またどっかから大量のアクセスを受けたかなと思っていた。
念のためwadaxの障害情報を見てみたら、こんなん出てた。
http://www.wadax.ne.jp/senyou/user/mt/index.html#trouble
2月21日 16 : 48 頃から2月21日 16 : 55ころまで
弊社サーバーを設置しております、ソフトバンクIDCのデータセンター内にて
電源故障が発生いたしました。
原因は電源故障らしい。wadaxもてんてこまいだったんだろうな。
フルマネージドサービスのとこは順次再起動してくれてたみたいだが、うちはそうではないので、再起動の要請をして待つしかない。
土日を挟んで月曜日の午後になってようやくリブートが完了したらしい。
こちらからすれば待つ以外に何にもできないから、なかなか悔しい時間だった。

カテゴリー: サーバー | コメントする

検索窓をつけてみました

ちょっと遅くなりましたが、報告
トップの左下と、談話室トップに、検索窓をつけました
談話室トップの方には、検索文字列を記録して、ラスト5を表示し、
検索履歴と検索ランキングを表示できるようにしました
「投稿内容確認」の画面でもコテハンの色がつくようになりました。

カテゴリー: 開発 | コメントする

談話室の過去ランキング

過去ランキングを作ってみました
昔、談話室のトップにホットトピックスを作りました
これが意外と便利ですし、どこ見ようかな?と思った時に誘導する良いものになったと思ってます
最近、談話室の話題の質がちょっとはまともになったのでは?という話をちょっと聞いて、
試しに過去のランキングを作ってみました
これは、各月ごとの書き込みのランキングです
上位約100を表示しています

カテゴリー: 未分類 | コメントする

談話室にレイティング機能をつけようかと

今、談話室にレイティング機能をつけようかと考えてます
各スレやコメントに「良い」「悪い」の2種類のボタンを設置して、投票してもらう
「良い」のボタンを押した人が多いスレッドのランキングを作ったり、
「悪い」の評価がついかコメントを表示しなかったり、できるかなあと思ったりしてます
そうすると、過去のスレッドで面白いものも上位に来たりするし、
kyoto-u.comを初めて見た人でも、過去の面白いスレッドにたどり着きやすくなるかなと。
ただ、一番の問題は重くならないかと言うこと、
kyoto-u.comの一つの理念としてどんなブラウザでも読めるようにというのがあるし、
談話室を重くしたくないというのもある
そこで、JavaScriptで、そのボタンを描画してはどうかと考えている
htmlは今まで通りで触らず、各ユーザーのブラウザに処理を任せる
そうすると、JavaScriptを使っていない人は今まで通り軽いし、
JavaScriptを使っている人も、投票時に再描画が最低限で済む
jQueryやjson2.jsくらいは使うことになりそうだけど、
これくらいならそんなに重くないでしょ??
とりあえず今ローカルで作成中
・jQueryを使ってボタンを描画する
・JSON形式のテキストを読み込んで数字を表示する
まで終了
今後は
・ボタンを押したら数字を更新する
・現在の談話室に組み込む
のを当面の目標とする
ところで、json2.jsはしょっちゅう更新されているらしく、
今の最新版は2008/05/25のもの
ところが、これがoperaで動かない
FirefoxとIEだとちゃんと動いたのだが、operaだと180行目でエラーがでる
ちょっと調べてみたらよく分からず
仕方がないので、WebArchiveから、2008年3月くらいのをダウンロードしたらちゃんと動いた
これだけ更新頻度が高ければきっとすぐに修正されると思うが。

カテゴリー: 未分類 | コメントする