aaa

Archive for the ‘イベント’ Category

5/20 新しい医療を共につくりませんか?臨床統計家育成コース説明会

平成30年度4月より医学研究科内に臨床統計家育成コースが設置されます。

臨床統計家とは、新薬や新しい治療法の開発をするとき、最終段階となる臨床試験のデザインや解析を行う人のことです。臨床試験に限らずもう少し広く統計解析を行う場合には生物統計家とも呼ばれています。

臨床統計家は「エビデンスに基づいた医療」を推し進めるにあたって必要不可欠な存在ですが、日本にはほとんどおらず、その育成は急務といえます。しかしながら職そのものの認知度も低い状態です。

よりよい医療を目指す、国や病院、製薬会社などからの要請もあり、このたび、AMEDと製薬協の支援のもと、京都大学では臨床統計家育成コースを設置し、臨床統計家の育成を行う運びとなりました。

今週末5月20日、医学研究科社会健康医学系専攻のオープンキャンパスにおいて、臨床統計家育成コースの説明会も行われます。

臨床統計家に必要な主要スキルは統計学を熟知し使いこなすことです。したがって、医療関係の出身者はもちろんのこと、理学部、工学部、情報学研究科、農学部、経済学部、など理数系の数学に触れる機会の多い学部出身の方や、文系であっても社会学や心理学、教育学、言語学など統計解析になじみのある方など、広く入学希望者を募集しています。

医療に興味のある方、数学のスキルを職に活かしたい方、将来の職の選択肢として臨床統計家はいかがでしょうか。

5月20日の説明会に多くの方がご参加くださることを心よりお待ちしております。

オープンキャンパス情報:http://sph.med.kyoto-u.ac.jp/info/oc/
HP:http://sph.med.kyoto-u.ac.jp/info/oc/
ツイッター:https://twitter.com/KyotoCBC
フェイスブック:https://www.facebook.com/KyotoCBC/

12/4 京都大学叡風会 第93回定期演奏会

 私達京都大学邦楽サークル叡風会は、今年も定期演奏会を催すこととなりました。本サークルでは箏・三味線・尺八による音楽を演奏しています。皆さんのお越しをお待ちしております。

【日時】2016年12月4日(日) 開場:15:00 開演:15:30
【会場】京都府立文化芸術会館
【入場券】無料
【お問い合わせ先】Eメール:eu_fu_kai@yahoo.co.jp
ホームページ:http://www.geocities.jp/eifukai/

実施:11月9日(水) Nobel Prize Inspiration Initiative

2008年にエイズウイルス(HIV)の発見によりノーベル生理学・医学賞を受賞したフランソワーズ・バレシヌシ博士をお招きして、将来、研究者としての活躍を目指す学生や若手研究者を対象に、研究結果についての基調講演や、世界の健康課題や女性科学者としての自身のキャリアについてのシンポジウムを開催します。

本講演は、ノーベル・プライズ・インスピレーション・プログラムの一環で、ノーベル賞受賞者の講演を聴講できる貴重な機会です。お誘いあわせの上、ご参加お待ちしております。

↓↓ご応募・詳細はコチラ↓↓
http://www.coac.co.jp/npii/npii.html
※午前の部・午後の部のみの参加可能

日時:2016年11月9日(水)@京都大学
プログラム:
<午前の部:基調講演>10:30-12:00(10:00開場)
「From HIV’s discovery to global health challenges of the 21st Century」
世界が抱える医療の課題:HIV発見から21世紀を考えて
登壇者:フランソワーズ・バレシヌシ博士

<午後の部:シンポジウム>14:15-15:30(14:00開場)
「My Science Career~多様なステップで拓くサイエンスキャリア~」
登壇者:フランソワーズ・バレシヌシ博士、他 パネリスト

定員:200名(先着順)
参加費:無料
会場:
京都大学 芝蘭会館2F「稲盛ホール」

■フランソワーズ・バレシヌシ博士について
1947年生まれ。パリ大学卒業。現在、パスツール研究所所属。
1983年に、HIVを発見し、2008年ノーベル生理学・医学賞受賞。
日本で薬害エイズ事件が発生した際には、
エイズ研究の専門家としての証言が注目された。

■アストラゼネカ株式会社について
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、
主に呼吸器・自己免疫疾患、循環器・代謝疾患、オンコロジーの3つの重点領域において、
医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。
また、炎症、感染症およびニューロサイエンスの領域においても、
他社との提携を通じて積極的に活動しています。
100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は
世界中で多くの患者さんに使用されています。

日本においては、主にオンコロジー、循環器・代謝疾患、呼吸器・自己免疫疾患を
重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。
http://www.astrazeneca.co.jp

■ノーベルプライズ・インスピレーション・イニシアティブについて
ノーベルプライズ・インスピレーション・イニシアティブは、ノーベル賞受賞者が、自身がもつインスピレーションを与えるようなストーリーや洞察力を、人々と共有することを目的にしたグローバル規模のプログラムです。世界中の大学やリサーチセンターへのノーベル賞受賞者の訪問やビデオメッセージを通じて、ノーベル賞受賞者が世界中の若手科学者などのサイエンス・コミュニティと、より密接な交流ができるよう取り組んでいます。
このプログラムは、ノーベル賞のメディア権利管理会社であるノーベル・メディア社が、アストラゼネカ社の協力のもとに運営・実施しています。

■お問い合わせ先
株式会社コンベンションアカデミア 上野分室
NPII事前参加登録窓口
E-mail:npii@m-ps.co.jp
TEL:03-5816-1058

11/22 京都大学叡風会定期演奏会

 私たち、京都大学邦楽サークル叡風会は、今年も定期演奏会を開催することになりました。
 会場は京都府立文化芸術会館、開場は15:00で、開演は15:30を予定しています。また、入場は無料です。
 よろしければ、叡風会ホームページ http://www.geocities.jp/eifukai/ もご覧になってください。
 皆様のお越しをお待ちしています。

9/27(締切8/10) 伏見デルタ祭2015

伏見デルタでは年に一度、安全運転啓発運動の一環としまして『伏見デルタ祭』というイベントを開催しており、今年も9/27(日)【秋の全国交通安全運動週間】に『伏見デルタ祭』の開催を予定しております。

つきましては、今年の『伏見デルタ祭』イベント内でのアコースティックバンド、ダンス、漫才、マジック、大道芸、パントマイム等々、様々なパフォーマンスを披露していただけるようなステージの提供を考えており、有志を募っております。

『伏見デルタ祭』では、おかげ様で数々のメディアで取りあげていただきました『伏見デルタのバイクパレード』の開催もあり、昨年も約1,700名の来場者で賑わい、今までにもTVや雑誌等、数々のメディアから取材にお越しいただいております。

たくさんのお客様の前でパフォーマンスを発信してもらえる絶好の機会です。ぜひ、皆様にも一緒にイベントを盛り上げていただければと思います。
【 詳細は下記アドレスよりご覧ください 】
http://www.fushimi-tc.co.jp/post_news/fdf2015perform/?from=sp



お問い合わせ・参加ご希望のご連絡は下記までお願いいたします。
何卒よろしくお願いいたします。



*************************************
二輪専門教習所 伏見デルタ
野原 健臣 Takeomi Nohara

〒612-8244
京都市伏見区横大路千両松町9
TEL:075-602-0645 FAX:075-602-8931
mail:nohara@fushimi-tc.co.jp
*************************************

5/9  Brass Ensemble Saturday第8回定期演奏会

Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都を中心に活動する金管アンサンブルです。
2006年秋、京都市内にある吹奏楽団や管弦楽団の金管楽器奏者有志により結成され、現在活動9年目。
ちなみにBrass Ensemble Saturdayという団体名は、『毎週土曜日に集まって練習しているから』という何とも安直な(笑)理由からつけられました。

メンバーの年齢層は20代から60代までと幅広く、トランペット5名、ホルン2名、トロンボーン4名、ユーフォニアム1名、テューバ1名の計13名で活動中。
早坂宏明氏(京都市交響楽団副首席Tp奏者)、水無瀬一成氏(京都市交響楽団副首席Hr奏者)の指導のもと、市・自治団体による主催行事や依頼演奏などへの参加でレパートリーを増やしているところです。

2007年1月には念願の第1回演奏会を開催、そして2009年より毎年自主演奏会を行い、2014年12月13日に京都堀川音楽高等学校ホールで開催したクリスマスコンサートでは、226名のお客様にご来場いただき好評を博しました。
また、他団とのジョイント・コンサートやピアノとの音楽会を企画したり、中学校への訪問演奏や関東でのフェスティバル参加など、年々活動の幅を広げています。

8回目となる本定期演奏会では、ロンドンの名所を鮮やかに描いた金管十重奏の定番曲『ロンドンの小景』に挑戦。
他にも、ブラスの魅力を存分に引き出したアレンジ作品や、日本のコンテストで中高生に人気の作品など、彩り豊かなプログラムをご用意致しました。
5/9(土)アルティにて、みなさまのご来場をメンバー一同心よりお待ちしています。

【日時】2015年5月9日(土) 18:30開演 (18:00開場)
【演奏曲目】
・ロンドンの小景 / G.ラングフォード
・オルガン・ソナタ第2番 ハ短調 / F.メンデルスゾーン、編:S.コックス
・アレハンドロ / 広瀬勇人
・ロンドンデリー組曲 / 編:山口修身
・5つのバガテル / G.ジェイコブ
・金管六重奏のための組曲 / L.オストランスキー
【会場】京都府立府民ホールALTI(アルティ)(京都府京都市)
【入場料】入場無料(整理券不要・全席自由)
【お問合せ先】
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)由良(ゆら)
メールアドレス:brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp
電話番号:090-2195-3600
ホームページ:http://bes911.web.fc2.com/

4/4~4/12 医総会WEEK~医と健康を考える、市民のための9日間~

第29回日本医学会総会 2015 関西の学術講演が
京都で開催されるスケジュールに合わせて、
市民向けの健康をテーマとした市民公開講座イベント “医総会WEEK”を
4月4日(土)から4月12日(日)までの間、京都市内で開催いたします。

<各プログラム内容>
健康長寿、おいしくて身体にも良い食事、ぐっすり眠れる睡眠のコツ、
もしもの時にみんなでできる救急対応、心の病気との付き合い方、など
楽しみながら学べるプログラムとなっております!

また、京都国際マンガミュージアムでは2月28日(土) ~ 5月10日(日)に、
第29回日本医学会総会 2015 関西との共同企画展示『医師たちのブラック・ジャック』展を開催いたします。
是非京都国際マンガミュージアムへもお越しください。
ブラック・ジャックを目指していた日本の有名な外科医たちの思いを、名シーンとともに紹介します。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

参加費無料、事前申込制です。

日時:4月4日(土)~4月12日(日)
開催地:京都劇場、メルパルク京都、京都駅ビル、国立京都国際会館、京都大学百周年時計台記念館


お申込みは
(1)ホームページ
(2) FAX
(3)往復はがき
より受付しております。

詳細はイベントHP(http://isoukaiweek2015.jp/)をご確認ください。

問い合わせ先:第29回日本医学会総会 2015 関西 医総会WEEK事務局 TEL:075-257-7083 FAX:075-231-6354
E-mail:week-reg@isoukai2015.jp

2015年4月30日まで ご卒業・修了記念キャンペーン実施中

京都大学基金では、ご卒業・修了を記念して、ご寄付をいただいた方を対象に下記のキャンペーンを実施しています。

●ご卒業・修了記念メッセージ
卒業生・修了生から京都大学の後輩へ、ご家族の皆様から卒業生・修了生へ、あるいは京都大学へ???。
さまざまな思いをメッセージとして残しませんか?
ご寄付をいただいた方で希望される方は、京都大学基金ホームページにメッセージを掲載することができます(匿名での掲載も可能です)。

●京漆器「福梅皿」プレゼント
ご卒業・修了の記念に卒業・修了年度入りの京漆器「福梅皿」をご用意しました。

古来、日本人に愛されてきた梅。とりわけ菅原道真が愛したことで知られ、学問の神・天神のシンボルともなっています。
この福梅皿に、京都大学から世界へと羽ばたかれる卒業生・修了生の皆様へのエールを込めました。

1口 3万円以上のご寄付につき、朱と溜の2色をセットにして進呈いたします。

ご卒業・修了の記念にぜひお申し込みください。

京都大学基金HP http://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/

2014/8/6 海外大学院留学説明会@大阪府立大

過去数年京都大学でも開催された留学説明会がこの夏、大阪府立大学で開催されます。

「海外の大学院生はお給料をもらって勉強している」という事実は、あまり日本では知られていません。例えばアメリカの大学院では、学生のほとんどは Research Assistantship (RA)やTeaching Assistantship‘ (TA)によって学費を全てカバーされるだけではなく、毎月の生活費をまかなうのに十分な給料も支給されています。経済的な心配をすることなく、世界中の エリートが集まる環境で勉学に励み、学位を取ることができる。そんなチャンスが身近にあることを知ってもらって、皆さんの将来計画の中に「海外で博士号を 取る」という選択肢を加えていただきたいと思います。

参加をご希望の方はこちら(https://docs.google.com/forms/d/1ESBe_foGhtlyBU8cGNlYslR6oKKbbI7H0Glyrx6MaRo/viewform?c=0&w=1)より事前登録をお願いします。事前登録がなくても参加いただけますが、満席の場合は事前登録いただいた方の入場を優先させていただきます(定員100名程度)。
参加無料、学外からの参加も歓迎、です。説明会に関するお問い合わせは、坂本啓(米国大学院学生会)( info [at] gakuiryugaku.net )まで。

日時: 2014年8月6日(水) 16:00~18:00 (開場午後3時30分)

場所: 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス 学術交流会館(C1棟)多目的ホール

講演者:
大畠潤 (大阪府立大学出身,ライス大学 博士課程在籍中(化学))
高井飛鳥 (イギリス、キングスカレッジロンドン 修士課程卒(ロボット工学),大阪府立大学機械系専攻D2)
遠藤礼子 (MIT 博士課程在籍中(土木・環境工学))
パネリスト:
中村拓磨 (ジョージア工科大学 博士課程在籍中(航空宇宙工学))
重本祐樹 (イギリス、ケンブリッジ大学 博士課程在籍中(デザインマネジメント))
山田亜紀 (カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) 博士課程在籍中(教育学))
因幡加奈子 (マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院卒 MBA取得)

7/20 【雅-miyabi-コン】 夏の浴衣パーティー

『雅 -miyabi-』は、主に京都で活躍されている社会人の方を対象にした交流イベントを開催しており、お洒落心をお持ちの社会人の方々のプライベート充実にご利用いただいております。(婚活・恋活、友活、人脈作り・異業種交流)

各回ご好評いただいている『雅コン』ですが、今回は「浴衣」、「和服」をテーマに、京都らしく夏を楽しんでいただけるイベントになっています(今回は学生も参加可能!!)

服装は基本的に自由ですが、浴衣・和服でご参加の方は通常価格から1000円オフ!!となりますので、是非この機会に浴衣等でご来場ください♪


【日程】
7月 20日(日)PM 15:00~17:00

【会場】
京都市内の会場です。参加者の方に別途ご連絡差し上げます。

【服装】
男女ともに自由ですが、浴衣等の和装で割引価格が適用になります。是非この機会に、京都の夏を満喫できる浴衣姿でご来場ください♪

【進行・形式】
テーブルトーク&フリートークあり(交流ゲーム、豪華景品をご用意しております)
※スタッフがアテンダントとしてフォローしますので、初参加の方もご安心ください

【飲食】
ビュッフェ、飲み放題付き

【備考】
今回のイベントをより多くの方に知っていただけるようFacebook、Twitterでの拡散にご協力いただけますと幸いです。
http://xn--eo5a.kyoto.jp/

sponsor

Google
WWW を検索
kyoto-u.com を検索
2021年9月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

前のページへ  | ページトップへ