ある関東出身東大生の弁

東大ポータルサイト Akamon.net 代表

東大生にとって、京大生はどのように見えるのだろうか。今回は、東大生向けポータルサイトを運営しているサークル「Akamon.net」の代表氏に京大生について語ってもらった。


京大の印象を一言であらわすならば、「余裕」という言葉になります。

京大生は試験にも就職にも何にも心にゆとりをもって接し、特に切羽詰ることもなく、要領よくクリアしていってそう。普段の生活もゆったり、伸び伸びと学生生活を送っていそうなイメージ。おおらかな人が多そうで、学内全体として仲もよさそうな感じがします。 また、頭はいいのにそれを鼻にかけている人も少なさそう。その凄さを表面にはださないけれど、実は凄い。そんな人が多そうだと思います。

こういう雰囲気が作り出されるのは、優秀であり且つしっかりと自分の軸が定まっている人が多いからではないかと思います。能力が高く、自己が不安定になることがない。そういう人の態度にはやはり「余裕」がにじみ出てくると思うわけです。少なくとも関東から京大に行った人って、そういう人がとても多いです。こうした学生たちが作り出すゆったりとした校風は、非常に居心地のいいものに思われます。



さて、東大生からのこのような意見を、京大生はどう受け止めるのだろうか? そして逆に、京大生から見て東大生とはどのような存在なのだろうか。 読者のご意見をいただきたい。

sponsor

Google
WWW を検索
kyoto-u.com を検索
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

前のページへ  | ページトップへ